半導体チップやなどの搬送・保管に最適!|ゲルベースの特徴をご紹介

こんにちは、エクシールの鷲見です。
今回は、エクシールで販売しているゲルベースを紹介したいと思います。

ゲルベースとは、半導体チップや精密部品などを安全に保管・搬送するためのケースです。ウレタンゲルの柔らかさを活かして、部品を搬送時の揺れや衝撃から守ります。

どのような特徴があるのか早速確認してまいりましょう。

※本記事は、2021年7月6日に投稿した記事ですが、リライトに必要な文言等を追記、修正して再度公開しました。

 

↓詳細は動画でもご覧いただけます↓

ここがすごい!ゲルベースの3つのポイント!

その1 ノンシリコーン

ゲルベースの全ての材料には、シリコーンが含まれていません。
低分子シロキサンによる接触不良を防ぎ、電子部品を扱う環境でも安心してご使用いただけます

その2 帯電防止加工

ゲルベースには、帯電防止加工が施されており、部品の静電破壊を防ぎます。
各種類の抵抗値については、以下の表をご覧ください。

その3 豊富な粘着力

ゲルベースはシート表面の形状や粘着力の種類が豊富です。

粘着力が強すぎて剥がす際に欠けてしまう、弱すぎて部品を固定できない…といった心配を解消いたします。

搭載したい部品や用途に合わせてお選びいただけます。

※表面状態、材質、重量、サイズによって異なります。
※搬送品をセラミックスとして試験を行った結果です。
※pick upとは搬送品の剥がしやすさを表します。
※holdとは搬送品がくっつく力を表します。
※測定値は参考値であり、保証値ではありません。

 

クラウディタイプ・メッシュタイプは、シート表面に凹凸があります。凹凸によって部品との接着面積が減らされ、ピンセットでもピックアップできます。

他にも、ゲルベールシートは自己粘着性のあるウレタンゲル素材でできています。粘着材を使用していないため、糊の移行による部品の汚染が起きません

 

強い衝撃を受けても耐えられる粘着力!

E5やF5タイプのような粘着力の強い種類は、大きな衝撃にも特に耐えることができます。

自社でゲルベースの落下テストを行いました。

■使用したゲルベース:CT-E5L
■内容:
部品を搭載したゲルベースをアルミ板より約1000㎜の高さから落下させ、落下後の部品のズレや剥がれ具合を確認する。

<落下の様子>

<落下前後の比較>

落下の衝撃を受けても、破損することなく部品を保持できます。

※ゲルベースの種類や搭載内容によっては、同様の結果を得られない場合がございます。

↓動画でもご覧いただけます↓
クリックするとテストの様子から再生されます。

 

まとめ

今回は、ゲルベースについてご紹介しました。

ゲルベースは、粘着力・シートの表面形状の他にケースの色や高さ、サイズもそれぞれお選びいただくことが可能です。

大切な部品を搬送・保管するケースにお悩みの方、ぜひ一度ご検討してみてください!

ゲルベースのご購入はこちら👉 https://www.exseal.jp/products/list?category_id=9

お問い合わせはこちら👉https://www.exseal.jp/contact

↓必見!ゲルベースの選びのポイント↓

【精密部品の搬送ケース】ゲルベースの適切な選び方|ゲルコム豆知識

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事を通して得た知識や経験を活かして、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket