初心者でも簡単!大人気「人肌®のゲル(発泡)」の作り方を動画でご紹介!

こんにちは、エクシールの鷲見です。

YouTubeに人肌のゲル(発泡タイプ)の作り方動画を投稿いたしました!

↓動画はこちら↓

○【発泡】人肌®のゲルで「ふわふわスクイーズ」を作ろう

 

今回ご紹介する人肌のゲル発泡タイプは、基本の作り方は乳白、透明タイプとほとんど同じですが作製時の注意点が少し異なります。

その内容を本記事にまとめました。

↓前回の記事「【乳白・透明】人肌®のゲル」についてはこちら↓

初心者でも簡単!大人気「人肌®のゲル(乳白・透明)」の作り方を動画でご紹介!

まるでスポンジのような触り心地!「人肌のゲル 発泡タイプ」とは?

人肌のゲル発泡タイプはふかふかとしたスポンジのような触り心地の軟質造形用樹脂です。

乳白、透明タイプは樹脂を混ぜるとそのまま硬化するのに対し、発泡タイプは空気を含みながら反応し、見る見るうちに約8倍に膨らみます!

主剤と硬化剤の比率は以下の通りです。

発泡 主剤:硬化剤=64:100

人肌のゲル 発泡タイプは可使時間に注意!

発泡タイプは可使時間※1が約30秒間しかありません。
可使時間を経過したら空気と反応し、熱を持ちながら膨らんでいきます。

乳白、透明タイプの樹脂を混ぜる時は丁寧に、均等に行うことがポイントとなりますが、発泡タイプはそれに加えて素早さ!も意識する必要があります。

計量後の樹脂を混ぜる、型へ流し入れる作業は30秒間に収めることを意識して進めましょう。

※1 可使時間=主剤と硬化剤を混ぜてから作業が可能な時間

流し入れる量は型の深さの1/5~1/4が目安!

発泡タイプは反応前の樹脂の量と比べて約8倍に膨らみます。
そのため、型ギリギリの深さまで入れると反応する際にあふれ出てしまいます。

樹脂は、型の1/5~1/4の深さを目安に型へ流しましょう。

まとめ

発泡タイプは、可使時間と樹脂の量を意識して作ることが大切です。
その他気を付ける点などは前回の記事にまとめてあるので、良ければそちらもご覧ください☺

作製にあたりご不明な点などございましたら、以下よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら👉https://www.exseal.jp/contact

人肌のゲルのご購入ページはこちら👉 エクシールオンラインショップ「ゲルコム」

 

 

↓関連記事はこちら↓

大人気!「人肌のゲル」ってなに?

乳がんは早期発見で治る!セルフチェックを助ける「模擬しこり」とは?|エクシールのウレタン材料

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事をする中で得た知識や経験を通して、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket