品質管理と品質保証それぞれの役割の違いとは?

こんにちは、エクシールの鷲見です。

製造業において、安全かつ高品質な製品を提供するために欠かせない役割が「品質保証」「品質管理」です。言葉としてはよく似ていますが、それぞれの違いや担っている仕事内容についてご紹介をしてまいります。

品質管理とは

品質管理とは、品質を維持させるための活動を指します。

製品が完成するまでの工程を管理することが役割で、生産体制の構築や不良発生時の原因分析、工程の見直し等を行い、品質の向上・安定のための環境改善に努めます。

具体的な仕事内容の例

・作業標準書の作成

・QC工程表の作成

・設備や検査機器の点検、調整

・品質教育や作業訓練

・工程改善

・製品の品質検査

・生産工程での異常や不良発生時の未然防止

・生産工程での異常や不良発生時の原因解明と改善

品質保証とは

品質保証とは、製品の品質を保証するための活動を指します。

生産工程における製品の品質の安定化を図るのが品質管理に対して、品質保証は、製品の寿命まで品質維持ができるかの検証や、完成品が基準を満たしているかの検査など、販売後顧客が満足できるようにするための業務が主な役割です。そのため、時にはクレーム対応も行います。

製品の企画段階から販売後のフォローまで幅広く携わるため、他部署との連携がとても重要です。

具体的な仕事内容

・顧客の要求に応じた製品の企画

・原料の品質調査

・製品仕様書、規格の作成

・自社の工程監査

・仕入先の品質管理や工程監査

・製品検査

・クレーム発生時の対応、品質改善

・法改正への対応

・ISO関連業務

まとめ

今回は、品質管理と品質保証のそれぞれの意味と役割についてご紹介しました。

会社によって多少意味合いが異なる場合がありますが、品質管理は、安定した品質の製品を作るために生産工程を管理すること、品質保証は、全工程において顧客が満足できるように品質を保証する体制を整えることを指します。

どちらも高品質な製品を提供するために欠かせない重要な役割です。

<参考>
株式会社キーエンス「ものづくりの現場トピックス」:https://www.keyence.co.jp/
品質管理の知識:https://www.sk-quality.com/

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事を通して得た知識や経験を活かして、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket