リサイクルマーク(識別マーク)の種類一覧や表示のルールなどをおさらい!

こんにちは、エクシールの鷲見です。

身の回りのボトルや缶、その他様々な容器を確認すると、「アルミ」「プラ」などのマークが表示されていますよね。

このマークは、リサイクルマークまたは識別マークと呼ばれます。

消費者が容器包装を正しく分別できるようにするために、「資源有効利用促進法」という法律に基づいて表示が義務付けられているものです。

今回は、リサイクルマークの種類や表示ルールについてご紹介します。

 

リサイクルマークの種類

法律で義務付けられているリサイクルマークは5種類です。

スチール
飲料・酒類用のスチール(鋼)製の缶に表示

アルミニウム
飲料・酒類用のアルミニウム製の缶に表示

PET製品
飲料やしょう油等に使用されているペットボトルに表示
プラスチック製容器と区別するためのもの

プラスチック製容器包装
ペットボトル以外のプラスチック製容器に表示

紙製品容器包装
紙製の容器包装に表示
※飲料用紙パックや段ボール製のものには表示されない

 

義務化されていませんが、リサイクル促進のために団体が独自に決めて自主的に表示しているマークもあります。

<自主的に表示されているマークの一例>

紙パックマーク
内側にアルミを貼っていない紙パックに表示

段ボールマーク
段ボールに表示

ご紹介した他にも様々なマークがあります。

識別表示義務のある対象者と包装容器の種類

以下の事業者はリサイクルマークを表示する義務があります。

・容器の製造事業者
・容器包装の製造を発注する事業者(利用事業者)
・輸入販売事業者

 

リサイクルマーク表示のルール

リサイクルマークには表示位置や表示サイズのルールが定められています。

表示位置

リサイクルマークは包装した時に消費者が外から見えやすい位置でなければいけません。
ふたの内側やパッケージの内側等には表示ができません。

表示サイズ

スチール
円の外径:6mm以上
円の切れ目の幅:外径の3/5以内
線の幅:0.6mm以上
文字の大きさ:4ポイント以上

アルミ
一辺の長さ:6mm以上
一辺の切れ目の幅:一辺の3/5以内
線の幅:0.6mm以上
1つの角の大きさ:60°

PET製品

・容器への刻印の場合
一辺の長さ:8mm以上
一辺の切れ目の幅:0.3~0.8mm
線の幅:0.7mm以上
1つの角の大きさ:60°
数字の大きさ:7ポイント以上
文字の大きさ:5ポイント以上

・容器への印刷又はラベルの場合(150ml以上)
一辺の長さ:6mm以上
一辺の切れ目の幅:0.2mm~一辺の長さの1/14
線の幅:0.5mm以上
1つの角の大きさ:60mm以上
数字の大きさ:5ポイント以上
文字の大きさ:4ポイント以上

・個別のペットボトル容器への印刷、ラベルの表示を省略する場合
(通販等で箱単位で販売しバラ売りを予定していない場合)
・個別容器の底部又は側部に一か所以上PETマークを刻印
・外装(段ボール)に以下の様式で識別マークを表示
一辺の長さ:28mm以上
一辺の切れ目の幅:1.5mm~2.0mm
線の幅:2.8mm以上
1つの角の大きさ:60°
数字の大きさ:26ポイント
文字の大きさ:17ポイント

プラスチック製容器包装
紙製品容器包装

・印刷、ラベルの場合
上下の長さ:6mm以上

・刻印の場合
上下の長さ:8mm以上

 

リサイクルマークは省略可能な場合も

リサイクルマークは、容器包装のそれぞれの材質に原則直接表示する必要があります。しかし、包装の仕方等によっては表示の省略や、1つの素材への一括表示ができます

多重容器包装の場合

カップ麺が「外装フィルム(プラスチック)」「カップ(プラスチック)」「ふた(紙)」「スープ袋(プラスチック)」で包装されているように分離できるいくつかの材質で構成されているものや、容器包装の中に更に容器包装されたものを指します。

この場合は、材質をひとつの容器包装部分にまとめてリサイクルマークを表示可能です。

複合素材・材質の容器包装

「注ぎ口とキャップがプラスチック製」の「紙パック」のようなそれぞれを分離できないものは、重量比が大きい方のリサイクルマークを表示します。

上記の例では、容易に分離できないものが「プラスチック製の注ぎ口」と「紙パック」です。この場合、注ぎ口を紙パックの一部とみなし、比重の重い紙マークを紙パック部分に表示します。「プラスチック製のキャップ」は分離できるので、別でプラマークを紙パックに表示する必要があります。

無地の場合

材質のすべての部分に印刷・刻印・シール等が一切ない無地の容器包装の場合はリサイクルマークの表示を省略できます。

一部でもロゴや文字が入っていたり、シールが貼られていると表示義務の対象になります。

 

まとめ

日常生活で当たり前の様に目にしているリサイクルマークには、様々な種類があり国で表示が義務化されているものには消費者が正しく判断するための規定が定められています。

義務の対象となる事業者が表示を怠った場合には、勧告・公表・命令・罰則が適用されます。

新しく包装アイテムのデザインをするときには、消費者が見やすいか、そしてリサイクルマークは適切かを十分に確認することが大切です。

 

<参考>
3R政策(経済産業省):
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/faq/faq2.html

令和2年4月1日から「資源有効利用促進法」の省令一部改正に伴い「識別表示」のルールが変わります。(経済産業省):
https://kankyobika.or.jp/images/rec-shikibetuhyouzi.pdf
識別表示を義務化(経済産業省):
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/pamphlet/pdf/pamphlet_mark_j.pdf

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事を通して得た知識や経験を活かして、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket