静電気NGの環境で大活躍!導電性のある異物対策グッズをご紹介

こんにちは!エクシール公式オンラインショップ「ゲルコム」の運営をしております、エクシールの今井です(^^)/

本日は静電気の発生を抑える異物混入グッズについて紹介いたします。

主に半導体や精密部品工場などでご使用いただけますので、ぜひチェックしてみてください😊

 

静電気と異物混入対策の関係

集積回路(IC)などの電子部品は、微弱な電気が流れるだけでも回路に異常をきたしてしまいます。

静電気も例外でなく、静電気による放電で電子部品が破壊されることがあります。

電子部品や半導体を製造する工場では、異物の付着を避けるためにクリーンな環境での作業が必要です。
主にエアシャワーや粘着ローラーを使用して衣服のほこりを除去する工場が多いのではないでしょうか。

これらのグッズに導電性をもたせることで、放電を阻止し、静電破壊を防ぐことができます。

 

導電性のあるクリーン用品のおすすめ4選!

① ステップマット® 半導電タイプ

 

用途 靴底・軽量台車のタイヤの汚れを除去する
粘着マット
異物除去率 90%以上
※ATP(+AMP)ふき取り検査の結果
表面抵抗値 10⁹Ω

 

靴底・台車用の粘着マットです。
やわらかい粘着素材で作られており、靴底やタイヤの細かな凹凸になじみ、異物を除去します。
異物除去率は驚異の90%以上で、めくって捨てるタイプの粘着マットの約30%も除去率が高いです。

汚れたら水拭きで汚れが落ち、くり返し使用ができます。

表面抵抗値も10⁹Ωあり、静電気を気にする現場でも安心して使うことができます。

▶ ステップマット® 半導電タイプをチェック

 

② ボディローラー 半導電タイプ

 

 

用途 クリーンウエアやクリーンルームの作業台の汚れを
除去する粘着ローラー
異物除去率 90%以上
※ATP(+AMP)ふき取り検査の結果
表面抵抗値 10⁹Ω

 

クリーンルームに入る前の衣服の異物除去や、クリーンルーム内の作業台の清掃に使用できる粘着ローラーです。
3mmの厚みのあるやわらかな粘着素材が身体の凹凸に密着し、90%以上の異物を除去します。

ボディローラーは柄が鉄(クロムメッキ)製でプラスチックと比較して欠けにくく、異物混入を防ぎます。

汚れたら水洗いで汚れが落ち、くり返し使用できます。

表面抵抗値も10⁹Ωあり、静電気を気にする現場でも安心して使うことができます。

 

▶ ボディローラー 半導電タイプをチェック

 

③ ティップリムーバー 半導電タイプ

 

用途 指先に付いた微細な汚れを
握るだけで除去する粘着グッズ
表面抵抗値 10⁹Ω

 

半導体や精密部品の組み立てや検品工程などで、指先についた微細なほこりを除去できる粘着グッズです。
中が空洞構造になっているので握りやすく、指になじみやすい形状になっています。

作業台の上だけでなく、天面や壁面にもくっつけることができ、作業場面に合わせてお好みの場所へ設置できます。

汚れたら水洗いで汚れが落ち、くり返し使用できます。

表面抵抗値も10⁹Ωあり、静電気を気にする現場でも安心して使うことができます。

 

▶ ティップリムーバー 半導電タイプをチェック

 

④ 半導電ゲルシート

 

用途 手袋や部品、半導電ゲルローラーなどのほこりを
転写する粘着シート
表面抵抗値 10⁸Ω

 

作業台などに貼り付けて、作業中に手袋や半導電ゲルローラーを押し付けたり転がすだけで微細なほこりを転写できる粘着シートです。

シートは柔らかい素材でできており、手袋やローラーによくなじみます。

使用後は水洗いで汚れが落ち、くり返し使用できます。

表面抵抗値も10⁸Ωあり、静電気を気にする現場でも安心して使うことができます。

 

▶ 半導電ゲルシートをチェック

 

まとめ

いかがでしたか。
静電気を嫌う現場では放電を防ぐための対策が重要になります。

クリーン用品を選ぶ際も、静電気防止の機能があるかをチェックすることで、静電破壊のリスクを減少させることができます。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルを加工した製品を販売する【メーカー直販オンラインショップ】ゲルコム運営局です。 ウレタンゲル製品の魅力をメインに投稿してきます。 アイコンの彼は、イメージキャラクターの『ゲルぞう』くんです。 アンテナみたいな触角がチャームポイント。 ゲルコムはこちら→ https://www.exseal.jp/

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket