*

靴底をピカピカに!「靴底洗浄機」のメリット・デメリット|床の衛生対策を知る

こんにちは!エクシールの今井です。

最近花粉の影響でくしゃみが止まりません。
今年こそは花粉に勝とうと思っていたのですが、すでに負け気味です!

ドラッグストアで売っている花粉防止スプレーがとっても気になります…。今度試してみようと思います…(+_+)
さて、本日のテーマは靴底洗浄機のメリット・デメリットについてです!
先日粘着マットについてお話をしましたが、こまかな汚れを取るだけでなく、頑固な汚れまで洗浄したいという方は是非ご一読ください。

粘着マットについての記事はコチラ↓

靴底の汚れを取る「粘着マット」のメリット・デメリット|床の衛生対策を知る

 

靴底洗浄機の役割

靴底洗浄機とは、読んで字のごとく「靴底を洗浄してくれる機械」のことです。一般的に汚れを嫌う食品工場や医薬品工場、精密部品・電子部品などの工場で使用されます。

なぜ靴底を洗浄し、清潔にしておく必要があるのでしょうか。
例えば食品を製造している工場で、靴底に原料や食材が付いたまま放置しておけば、菌が繁殖したり、害虫が発生してしまいます。
ここで、靴底を洗浄する機械を使うことで、常に清潔な靴底を保つことができ、菌や害虫の発生を防止することができます。
精密機器の工場でも、靴底についた細かなほこりや砂を除去することができ、コンタミの防止に有効的です。

 

靴底自動洗浄機の種類と特徴

靴底洗浄機は大きく分けて2種類あります。

①水や洗浄液+ブラシで洗浄するタイプ

1つ目は、洗浄機から出てくる水や洗浄液で靴底を濡らしながら水平に動くブラシで磨いてくれるタイプです。このタイプは吸水マットと併用するものが多くあります。

ベタベタする米や、水で練った小麦粉・ひき肉など、粘つきのあるものや油汚れなどに効果的です。
給排水機能がついているものは、定期的に水を交換しなくても、常にきれいな水を使用することができ衛生的です。

②ブラシのみで洗浄するタイプ

2つ目は、平行に動くブラシのみで靴底を磨くタイプです。種類によってはエアーが出るものもあります。
主に砂や粉など、水にぬれることによって変質してしまう汚れに有効です。また、水を嫌う工場でも使用ができます。精密機器工場などで使用されます。

 

靴底洗浄機のメリット・デメリット

靴底を清潔に保てる靴底洗浄機ですが、使ってみてから「こんなはずじゃなかった!」とならないために、メリットとデメリットを知っておきましょう。

★メリット

・靴底にこびりついた落としにくい汚れや油汚れも手を汚さずに落とすことができる。
・ブラッシングによって汚れを落とすため、靴底の細かい凹凸に入り込んだゴミも落とすことができる。
・種類によっては洗浄時間を決められるため、機械の上に立つだけで対策ができる。
・清潔な靴底で歩くため、床の清掃も楽になる。

★デメリット

・1人当たりの洗浄に多少時間がかかる。
・メンテナンスに手間がかかる。
・夏場はこまめにゴミを回収しないと、悪臭の元になる。
・1台ごとの価格が高い。(40万円程度~)

 

まとめ

靴底洗浄機は、粘着マットでは落としきれないような大きなゴミ油汚れ落とすことができる機械です。
ただ、一人あたりの洗浄に多少時間がかかるため、人数に対して台数が少ないと混雑してしまうことがあります。
大人数の工場では、複数人用のものを用意したり、対策の時間を管理する必要があります。また、高価なものでもあるので、デモ機の貸出しをしているところがあれば試してから導入をするのが良いかもしれませんんね。

雑菌の繁殖やコンタミを起こさないために、導入を考えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
品質管理のキホン|QC7つ道具「パレート図」とは?

こんにちは!エクシールの清水です。 最近、映画を見ることが多いのですが

初心者でもわかる!ISO22000取得の手順・流れを完全解説|食品工場の衛生管理

こんにちは!夜も寝苦しいほどの酷暑から一転、急に朝晩冷え込むようになっ

CODEX(コーデックス)って何?|食品の国際規格を簡単解説!

こんにちは!エクシールの今井です(^_^) 先日夜の金華山をドライブし

品質管理のキホン|QC7つ道具とは?

こんにちは!エクシールの清水です。 最近涼しくなってきて、秋を感じます

フードセーフティとフードディフェンスの違いって?|食品工場の衛生管理

先週は強力な台風に大きな地震と、天災が続きましたが、お住まいの地域はご