ご検討時の参考に!「めくらない粘着マット」ステップマット導入のメリットとデメリット

新年あけましておめでとうございます!エクシールの今井です(#^.^#)

本日はステップマットの導入をご検討中の方向けに、ステップマットを導入するメリットとデメリットについてお話いたします!

 

「めくらない粘着マット」ステップマットとは?

ステップマットとは、靴底のゴミ取りマットです。

食品工場や医薬品工場等、毛髪や微細なゴミの混入を嫌う現場では、足元からの異物混入を防ぐためにゴミ取りマットが運用されています。

通常のゴミ取りマットはテープのような粘着材を活用したものが多いですが、ステップマットは「ウレタンゲル」という素材自体の粘着力で靴底の汚れを除去します。

この「ウレタンゲル」を使用するメリットとデメリットについて説明いたします。

 

粘着紙のマットとステップマットの比較

ステップマットは「ウレタンゲル」という軟質樹脂で作られた粘着マットです。

一般的な粘着マットは糊などの粘着材が使用されているのですが、どちらにどのような特徴があるのかを解説いたします。

 

除去率について

粘着紙のマット

キッコーマンバイオケミファ製のATP(+AMP)ふき取り検査結果では、約60%の除去率です。

 

ステップマット

同様の検査結果で、90%以上の除去率です。

粘着紙のマットよりも約30%も除去率が高いのは、粘着紙が靴底の表面の汚れしか除去できないのに対し、ステップマットは軟質樹脂でできている為、踏んだ時に、靴底の細かな溝にまで密着して除去ができるからです。

 

靴底の細かな凹凸までしっかりフィット

 

運用のしやすさについて

粘着紙のマット

何層にもテープが重なっているような構造なので、汚れても、めくるだけできれいな粘着面を使用できて、お手軽です。

残りの枚数が表示してある機能付きのものもあり、発注や入れ替えのタイミングが分かりやすく運用もしやすいです。

デメリットとしてはゴミが出ることや、めくる際にゴミが再飛散する可能性があることです。

 

ステップマット

汚れたら水拭き清掃をすることで汚れが落ち、乾いたら再度使用できます。

デメリットは粘着紙のマットよりも掃除の手間がかかることです。

メリットは、めくる作業がないため、ほこりが再飛散する可能性がありません

また、ゴミが出ずに環境にやさしいということ、何度も繰り返し使用できることも良い点ですね。

 

水拭きで汚れが落ちます

 

コストについて(一般的な900×600mmのサイズで比較)

粘着紙のマット

30枚つづりで1つ3,000円程度です。

 

ステップマット

1枚29,000円(税別)です。

 

ステップマットは粘着紙のマットに比べて約10倍高く、粘着紙のマットのほうが手を出しやすい価格ですが、ステップマットは1枚で2~3年使用が可能なため、低ランニングコストで運用ができます。

粘着紙のマットを1日2回めくった場合、年間で72,000円がかかるため、長い目で見たとき、使用頻度によってはステップマットのほうがお得です。

工場での使用頻度に合わせて検討してみてください。

 

 

粘着紙のマットとステップマットの比較

上記の情報をまとめると、それぞれのメリット・デメリットは以下のようになります。

 

粘着紙のマット

  メリット  

  • 運用が簡単
  • 交換のタイミングが分かりやすい
  • 1つ当たりの価格が安価

 

  デメリット  

  • 除去率がステップマットに比べて低い
  • ゴミが出る
  • ランニングコストがかかる

 

ステップマット

  メリット  

  • 90%以上の高除去率
  • 低ランニングコスト(目安は2~3年に1度買替)
  • ほこりが再飛散しない
  • 環境にやさしい

 

  デメリット  

  • 清掃の手間がある
  • 粘着紙のマットに比べて単価が高値
  • 交換時期を覚えておく必要がある

 

まとめ

いかがでしたか?

上記の情報はステップマットについて、ご検討の際にお役立てください。

設置場所についてや清掃頻度等、ご不明点があれば下記までお気軽にお問い合わせくださいね。

自社にはどちらが合っているのか、ぜひご検討ください。

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket