ラバー製品のベタベタの原因は?対処法はある?

こんにちは!
最近は、特に寒暖差が大きく体調がなかなか本調子になりにくくなってきました。
先日、衣替えを始めていたところしばらく使っていなかったPCのマウスが出てきましたが、・・・よく見るとスクロールできるラバーの部分がベタベタに!!
皆さんもこんな経験はありませんか?
そこで今回は、ラバーのベタベタの原因と対策についてです。

 

樹脂製品のベタベタの原因とは?

マウスやリモコンやゲームのコントローラーと様々なものによく使わているラバー製品ですが、
暫く使われていなかったものを取り出して触った時にベタベタなんてことがあるかと思います。
とりあえず水拭きしてみますが、全然取れないですよね・・・

そもそもなぜベタベタするのでしょうか?
これは、ラバー(樹脂)の加水分解が原因とされています。
加水分解とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことです。
水と反応することで、ベタベタが発生するようです。

日常で水といえば、実は湿気が要因となっています。日本では、湿気が多い季節や室内でも温度差により湿気が避けられないところが多いですよね。
そのため知らずに保管していると、加水分解が進んでいるというわけですね。

 

ラバー製品のベタベタを取るには?

〇無水アルコールを使用する

アルコールを布に染み込ませ拭きます。アルコール濃度の高いものを使用する場合、ゴム手袋を着用していると肌荒れの心配がなくなると思います。
それでも多少べたつきが残っている場合は、メラミンスポンジにお湯を付けてこするといいかもしれません。
これは、市販されているアルコール入りのウェットティッシュでも対応可です。

 

〇重曹を使用する

お湯に重曹を溶かして使用します。バケツ等の容器で作成し、半日から1日程度浸しておきます。
取り出した後は、水でこすりながら洗い流します。
リモコンなどの電子機器は水につけることができませんので、代わりに歯ブラシなどを浸けておいて磨くとよいです。

 

〇消しゴムを使用する

消しゴムでこすると取れますが、少しお勧めはできません。
こすった後、消しゴムにベタベタがついてしまったり、こすった箇所に傷がついてしまう可能性があるからです。

 

加水分解させないためには?

風通しの良いところで保管し、湿気から守ることが大切です。
定期的に使うことが一番いいですが、暫く保管させる場合は、箱の中に湿気をとる乾燥剤を入れておくと良いかもしれません。

 

マウスやリモコンだけでない!スニーカーや安全靴のポリウレタンも!

放置していたスニーカーの靴底がパックリなんてことはご存知の方も多いかもしれません。
スニーカーもポリウレタンが使われていることで上記と同様に加水分解が起きてしまいます。
これは工場でよく使われている安全靴も同様です。
安全靴の靴底には、発砲ポリウレタンが使われていることが多く、発砲ポリウレタン底製品は「軽量でクッション性が良く、底減りしにくい」という特長があり、作業者の疲労低減に貢献できることから広く普及されていいるようです。
しかしながら、発砲ポリウレタンは長期保管すると加水分解が発生し、空気中の水分、水、酸、アルカリ、バクテリア、カビなどが劣化原因として挙げられます。

ミドリ安全(株)の公式サイトによりますと、一般的に製造後4年以上保管されていた状態で発生する頻度が上がるようです。
以下は、同サイト上に記載されている取り扱い注意点です。

1.購入後は速やかに着用する。
2.風通しの良いところで保管する。
3.水分(溶剤)が付着したら速やかに拭き取る

特に酸性、アルカリ性物資は加水分解の進行を早める原因となります。

このような注意をすることで、安全に使用し職場での災害防止につなげましょう。

「床」を経由して工場内に菌や異物を広めているかも?足元の汚染対策の仕方6選

 

まとめ

いかがでしたか。ベタベタを放っておくと作業効率の低下や異物混入の可能性もあります。
身近なラバー製品のベタベタの原因を知ることでスニーカーや安全靴の劣化も防げるようになりそうです。
保管方法など再確認して、職場の安全に努めていきましょう。

参照:ミドリ安全  https://ec.midori-anzen.com/shop/contents2/kasui.aspx

 

乳がんは早期発見で治る!セルフチェックを助ける「模擬しこり」とは?|エクシールのウレタン材料

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket