敷地内に降ってきた鳥の糞の清掃方法

こんにちは、エクシールの鷲見です。

今回は、野鳥の糞の清掃方法についてお話をしていきたいと思います。

鳥害は騒音やゴミを荒らされるなど様々な悩みがあります。
その中でも、野鳥による糞被害は景観を損なうだけでなく、人体にも影響を及ぼす可能性があるため、糞は見つけ次第掃除をすることが大切です。

清掃方法

使い捨てのマスク、手袋を着用する

清掃時に舞い上がった糞に含まれるカビや細菌を吸い込んだり、皮膚に触れてしまわないように、マスクと手袋を身に着けてから掃除を行います。

1.糞にスプレーなどで水をかけて柔らかくする

糞は乾燥していると固く拭き取ることができません。水でふやかしてから掃除を行いましょう。

その際、糞の飛散を防ぐため、乾燥状態で無理やり拭こうとしたり、ホウキで掃いたりしてはいけません。

2.新聞紙やペーパータオルで糞を拭き取る

糞が柔らかくなってから、使い捨て可能な紙で拭き取ります。糞を拭き取った後はビニール袋に入れ口を結び破棄します。

一度使用したものには糞の細菌が付着している可能性が高いため、必ず処分してください。

3.糞のあった場所に水をかけて磨く

拭き取っただけでは取り切れず床にこびりついた糞はホースやバケツで水をかけてデッキブラシで磨きましょう。

4.消毒する

最後に糞のあった場所にエタノールをかけて消毒します。

敷地内に野鳥がとまらない対策が大切

一番良いのは工場内に野鳥が棲みつかないことです。

野鳥は玄関口の屋根、屋上、換気ダクトなどの足場となる場所に留まり、たくさんの量の糞を落とします。搬入出時に商品の外箱に糞が付着してしまったら、商品として成り立たなくなることもあります。

糞被害を軽減させるために、必要に応じて業者の方と相談し電気ショックや網の設置など場所に応じた対策を行いきましょう。

まとめ

野鳥対策は食品工場にかかわらず様々な施設での課題だと思います。
特に、野鳥は飛びながらも糞を落とすことができるため、根本での野鳥対策を行っても糞被害を完全に被害をゼロにすることは難しいです。

野外の汚染も商品に悪影響を及ぼす可能性は大いにあるので、見つけ次第清掃を行って衛生を保てるように心がけましょう。

参考
日本鳩対策センター:https://www.hatotaisaku.jp/
害鳥・害獣110番:http://mabuden.com/

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事を通して得た知識や経験を活かして、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket