営業時間の短縮、休業中だからこそ見直したい衛生管理

こんにちは、エクシールの鷲見です。

休業要請が解除される都道府県も出てきましたが、新型コロナウイルス感染の収束の目途はいまだ立たず、お店の営業形態も変化し、持ち帰りメニューを取り入れたり、営業時間の短縮や休業など様々な方法で対応されていることと思います。

今回はこの休業や時間短縮をしているからこそやっておきたい衛生管理についてご紹介をしたいと思います。

5Sの見直し

□5Sとは

整理…不要なものを捨てること

整頓…必要なものの置き場を決めて表示すること

清掃…ルールに沿って清掃し汚れを除去すること

清潔…きれいな環境を維持すること

しつけ…3S(整理・整頓・清掃)の習慣を維持すること

 

食品業界での5Sは衛生維持のためにとても重要であり、日々心がけていることと思います。

その日々の5S管理をこの機会に見直してみましょう。

例えば、普段のマニュアル通りの清掃をいつもより時間をかけて行ってみると、窓の淵や床の隅、調理台の隙間などの目に留まりにくい場所が意外と汚れていることに気付くかもしれません。

汚れが目立つということは、普段の清掃で見落としがあるということです。マニュアルの内容を見直し、清掃方法を改善していきましょう。

整理・整頓も同様に行い、捨てることが後回しになっているいらないものや、劣化が進んだ器具や容器は無いか確認します。

保管容器や調理器具などは毎日使用するため、交換のタイミングがなかなかつかめないものです。
一度お客様目線に立ってみて、無駄なものや不衛生だと感じる備品を整理し、環境を整えることが大切です。

 

メンテナンス

清掃に加え、グリストラップや排水溝、使用機械、天井汚れなど毎日、毎週は行えないような場所の点検もこれを機に行えるといいですね。

ゴム部分の破損や壁の剥がれ、家具の破損、緩みといった劣化、破損が気になる部分があれば可能な範囲で修繕します。

ただ、電気・ガス・水回りや安全に関わる箇所は専門の業者で頼む必要があるため、今回はあくまでも自分でできる範囲で行いましょう。

防虫対策

清掃やその他の方法で防虫対策は常にされていることと思います。

しかし、効果の高い薬剤による駆除・防虫対策は連続した休日の少ない日常ではなかなかできません。

これからは夏にかけて特に生き物の発生が増えてくるため、より徹底した防虫対策が必要となります。

食品に影響が出てしまうガス剤や燻煙剤の散布も、この時期に行い店舗全体としてのこれからに向けた防虫対策を行いましょう。

まとめ

新型コロナウイルスによる時間短縮や休業などの影響でマイナスに働いてしまっている面が多々あるかもしれません。しかし、この時期だからこそ普段限られた時間の中でしかできなかった清掃や点検といった衛生管理を見直すことができます。

大変な時期ではありますが、できる範囲で今後の営業に向けた環境の整備を行っていけるといいですね。

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ポリウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事をする中で得た知識や経験を通して、工場で働く皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります!大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket