ノンアルコール除菌シートにも使用される「塩化ベンザルコニウム」の効果と使い方、アルコール除菌との違いは?

こんにちは!今年は暖冬でしたが今になって冷え込んできましたね・・・。そんな時は温かいお鍋で体をあっためて免疫力を高めましょう!エクシールの鈴木です^^

今回の記事では、よくあるノンアルコール除菌シートにも使われる成分「塩化ベンザルコニウム」についてご紹介していきたいと思います。

 

塩化ベンザルコニウムとは?

塩化ベンザルコニウムは、ベンザルコニウムの塩化物液で、食品工場内の消毒や除菌だけではなく、医療現場日常生活でも広く使われている消毒薬の一つです。
塩化ベンザルコニウムは、日本薬局方収載医薬品であり、陽イオン界面活性剤(逆性石鹸)の一種になります。

市販商品としては、医薬品製剤、食品工場向けの機器用殺菌剤の他、家庭用のノンアルコール除菌ウェットティッシュなどの成分としても配合されていることがあります。

 

 

塩化ベンザルコニウムの使用用途は?

病院の廊下の手指消毒薬としてよく使用されます。
手指や皮膚、医療機器や家具、感染部分などを消毒する働きがあります。
また、食品工場などでは、食品工業向け機器の殺菌消毒などに用いられています。

有効濃度は0.1%以下と、少量でも効果が期待できます。ただし、濃ければよいというものでもありません。用途に合わせて、記載の希釈倍率を守って使用しましょう。

 

塩化ベンザルコニウムの効果は?

塩化ベンザルコニウムには次のような効果が期待できます。

①消毒効果

怪我をした時などに使える消毒効果があります。
また、感染防止などに手のひらに吹きかけて消毒することも出来ます。

②カビに対しての殺菌効果

カビや一部の細菌に対して、殺菌効果があります。
ただし、細菌胞子、シュードモナス属などの一部、また、ノロウイルスやインフルエンザなどのウイルス全般、結核菌には殺菌効果はないそうです。

③防腐効果

塩化ベンザルコニウムは防腐剤としての効果もあります。
点眼薬やコンタクトレンズ洗浄液の汚染を防止して長期間にわたって使用できるように添加されたり、シャンプーやリンスなどの防腐剤としても入っていることがあります。

 

室温でも長期間安定であり、細菌や真菌に広い抗菌作用をもち刺激性がないので、添加剤や除菌ウェットシートなどにも適しているということです。
しかし、人によっては塩化ベンザルコニウムに対して過敏症を起こす場合もあるため注意が必要です。

 

ノンアルコール除菌シートはウイルスに効果がない?

今、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、石鹸やアルコールによる除菌が推奨されています。
では、塩化ベンザルコニウムを主な有効成分とするノンアルコール除菌シートは効果はないのでしょうか?

前の項目でご紹介した通り、塩化ベンザルコニウムにはウイルスを殺菌する効果はありません
ただし、目に見えない病原物質はウイルスだけではありません。それに、手指や触れる場所・・・ドアノブやロッカー、スマートフォンなどを拭くことで、成分でウイルスを殺すことはできずとも拭き取って数を減らす意味での除菌は可能と私は考えます。

逆に、アルコール除菌を行う際も、アルコール濃度70%以下ではウイルスを殺す力はかなり弱くなってしまいます。また、空気中に出してから時間のたったものや繰り返し使ったもの、水で濡れた場所(薄まってしまうため)は効果が激減してしまうのがアルコール除菌の特徴。
除菌をする際は参考にしてみて下さいね。

アルコール除菌の良くある間違いと正しい使い方とは?|食品工場の衛生対策

また、新型コロナウイルスについてはこちらの記事でもご紹介していますので、是非チェックしてみて下さいね。

食品工場における新型コロナウイルスの対策

 

塩化ベンザルコニウムの使用方法と注意点

塩化ベンザルコニウム液を使用する際は、必ず用途に沿った倍率に希釈して使います。
使い方は、希釈した物をしみこませたふきんで拭くか、スプレー容器で噴霧して使用します。
食品工場での施設、器具の消毒を行う際は0.05~0.025倍の希釈液を、冷蔵庫やごみ箱の清掃の際は0.05~0.1倍の希釈液を使います。

使用期限が過ぎたものや汚れが入ってしまったものは、溶液の中で菌が繁殖してしまっている可能性があるため使用は控えましょう。

また、塩化ベンザルコニウムは希釈前は特に経口毒性が高いため、誤って飲んでしまわないよう、保管と管理には細心の注意を払いましょう。

 

まとめ

いかがですか?
ノンアルコールの除菌剤、塩化ベンザルコニウムは病院の除菌にも使われる、効果の高い殺菌剤・防腐剤です。
用法、用途を守ってしっかりと衛生管理を行っていきましょう。

「後で除菌するから大丈夫」は危険!!除菌と洗浄を理解しよう【食品工場・飲食店の衛生管理】

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket