5S5定を意識して工場内の環境改善!|製造業の衛生管理

こんにちは!師走も後半に差し掛かり、いよいよ年末が迫ってきましたね!
私が今年の年末にやりたいことは「断捨離」です!家の中をひっくり返していらないものは捨てる!使えそうなものはリサイクルショップにもっていくなどしたいです。

物が少ない、必要なものしかないと掃除もしやすいですし、整理整頓がされていてどこに何があるかわかっていれば、余分なものを買ってしまったり欲しいときに探しまわる必要がないのでとってもらくちんですよね。

 

 

家の中で生活しているときでもそうなのですから、オフィスや工場などの職場でも同じことは起こります。
今回の記事では工場内の環境改善と題しまして、「5S5定」についてご紹介していきたいと思います。

年末休みの前に大掃除を行う工場も多いこの季節、5S5定の考え方を今一度理解して、これを機に会社の中の環境を改善するヒントにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

5S5定の「5S」とは?

このブログ内でもたびたび登場している「5S」。聞いたことのある方も多いかもしれません。
5Sとは、企業や工場でよく使われる、職場の環境改善や衛生管理のための考え方です。
5つのS、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」のことを表していて、
不要なものは捨てたり、置き場所を明確にしてきれいな状態を維持していく、更にはそれを従業員に理解させ常に取り組んでいくことが大切だということを示しています。

特に食品工場ではこの5Sに「洗浄」と「殺菌」の2つのSを追加して「7S」の取組みをしている処も見かけます。
「5S」や「7S」についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますので、是非参考にしてみて下さいね^^

工場内の衛生管理|話題の5Sについて知る!

5Sからさらに進化!|食品7Sってなに?

 

5S5定の「5定」とは?

「5定」は、5Sの中の「整理」「整頓」について、特にどのようなことに注意して職場環境を整えたらよいかを定めたものです。
「定品」「定位置」「定量」「定時」「定高」を表しており、それぞれに効果があります。

 

定品(決められた品物)

置く場所を決める際には、まず「何を置くか」を定める必要があります。
その場所には必ず定めた物を置くようにし、またラベルや色などもバラバラではなく、同じメーカーの物、同じ表記の仕方など、わかりやすく定めておくことで、間違い防止や景観の美化などにつながります。

 

定位置(決められた位置)

決められた品物(定品)を「どこに置くか」を定めておくことを意味します。
置く場所を決めたらわかりやすいように表記をしておくと間違いが少ないでしょう。
また、その位置も、使用頻度や使いやすさ、同じ時に使うものは同じエリアにまとめておくなどの工夫も大切です。

 

定量(決められた量)

置く場所を決めたら、置く「数量」も定めておくことが必要です。
管理しやすい数を決めて、ごちゃごちゃしないように、また在庫が数えやすいようにしておき、この数以下になったら発注する・・といった「発注数」もきちんと決めておくことが重要です。

 

定時(決められた時間)

いつ、どのタイミングで」そこに置くのか、片付けるのか。これを定めておくことで道具の出しっぱなしや戻し忘れを防いだり、清掃の時間を定めておくことで職場環境の美化・維持につながります。
いつまでに使わなかったら捨てる」など、捨てるタイミングを決めておくのもよいですね。

 

定高(決められた高さ)

高さ」を定めておくことも大切です。
取り出しやすい高さ。安全な高さ。積み上げる高さなど、高さを決めておくことで使いやすさや安全面でのルール作りにもなるでしょう。

 

 

6定という言葉もアリ

これらの項目に、「置く方向」も定めておくという「定方向」という考え方もあります。
いずれも整理・整頓を行う上で大事な項目ですので、毎月の締めの時期や期末・棚卸の時期には是非重要視して行っていきたいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
5S5定は職場環境の改善や、職場の安全衛生、生産性の向上に重要な役割を持っています。
年末年始、大掃除のこの季節を機に、今一度社内の整理整頓と5定を見直してみてはいかがでしょうか?

 

↓こちらの記事も是非参考にしてみて下さいね*^^*

エリア別!食品工場の衛生対策まとめ

 

 

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket