*

ラベルの誤表示を防ごう!~貼り間違え編~|食品工場でアレルゲン対策を見直す

こんにちは!エクシールの今井です(^O^)

最近100均で、バランスボールを買ってみました!
お値段は500円でしたが、バランスボールがワンコインで買えるってすごいですよね(#^.^#)

トレーニングの幅が広がり大満足です!…が、収納場所に困っています…。

さて、アレルゲン対策で調理器具を替えたり調理場所を変えることは今や食品工場で常識となっています。
しかし、包装の段階でラベル表示を間違えてしまうと、せっかくの対策が無意味になり、誤った情報をお客様に伝えてしまうことになります。

ラベルの誤表示は食品回収のニュースでもよく見かけるため、ラベルの貼り間違えや誤表示に関する対策についてお話しようと思います。
今回はラベルの貼り間違え防止編です!

 

食品事故の半数以上は誤表示!?

食品事故には、ガラスや毛髪、昆虫などの異物混入や、期限切れの材料を使ってしまったなどの理由がありますが、半数以上をラベルやパッケージ内容に誤表示があるという理由が占めています。

下記の図は食品事故情報告知ネットという食品事故の品目や理由の集計したサイトを元に作成したものです。

 

 

図で分かる通り、食品事故の全体の半数以上は誤表示が原因となっています。

不適切な表示をさらに細かく見ると、アレルゲンの表示が間違っていたものがほとんどです。

アレルゲンを正しく表示することは、アレルギー患者にとって必要不可欠ですから、工場できちんと管理をしていく必要があります。

 

 

ラベルの貼り間違えはどう防ぐ?

ラベルの誤表示は、確認不足が主な原因かと思います。
メンチカツやコロッケなどの見た目がほとんど変わらないものや、箱や包み紙にラベルを貼る場合などは誤表示のリスクが高くなります。

それでは、どのように貼り間違えを防いでいけばいいでしょうか?

 

①似た製品は時間帯を分けてラベルを貼る

見た目が似ている製品のラベルを同じ時間帯に貼ると貼り間違えのリスクが高いです。

海鮮太巻きと一般的な太巻きなど、特定原材料が入っているものと入っていないものの見た目が全く同じだと、間違えた時に消費者に危険が及びます。

見た目が似ているのであればラベルを貼る時間帯を分け、貼る人が混乱しないようにするとよいですね。

アレルゲン別に台車の色を分ける、ラベラー容器の外装を別々にするなどの工夫も良いかもしれません。

 

②ラベル確認者は定期的に交代する

「いつも合っているから、今回も合っているだろう」という気持ちでチェックしていると、内容が間違っていても気づかないことがあります。

ラベルの内容が合っているか確認する担当者は定期的に交代しましょう。
複数人で確認している場合は、確認の順番も入れ替えるとよいでしょう。

ここでは、普段まったくラベル貼りをしていない人に確認してもらうと、より慎重にチェックしてもらえると思います。

 

③指さし呼称を徹底する

Foodesign様の記事によると、鉄道総合研究所で調べた指差し呼称に関する押し誤りの実験で、指さし呼称は何もせずに確認した時と比べ、間違いが6分の1に減少したそうです。

声に出して読むことで異変にも気づきやすくなりますね!

 

④商品の特徴が分かる表を用意しておく

上記のように、似たような製品は外装を全く違うものにするという方法も、ラベル貼りの担当者がどちらがどの商品かを理解していなければ意味がありません。

完成品の写真と商品名や値段、アレルゲンなどの情報が分かる表を用意しておくことで、確認がしやすくなります。
すぐに確認ができる場所に表を置いておきましょう。

もちろん、印刷した紙をそのまま置くのではなく、異物混入対策の観点から、千切れにくい物や、衛生的なファイルなどで保護しましょう。

 

まとめ

私自身もアルバイトで惣菜のラベル貼りをしたことがありますが、揚げ物類は似たようなものが多く、パッケージも同じで違いを理解するのが難しかった記憶があります。

毎回違う人に確認してもらうことや、商品ごとに違いを分かりやすくしておくことで効果的に貼り間違えを防げるとよいですね!

 

<参考>

品目別に見た事故情報画面|食品事故情報告知ネット
https://kokuchi.shokusan.or.jp/ArticleInfo/index/YM/201902

vol.807 ラベル誤表示防止対策-2 第三者を入れて確認 – foodesign
http://www.foodesign.net/haccp/haccp_blog/raberuwubiaoshifangzhiduice-2disanzheworuretequeren

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
食品工場のカビ対策をはじめから|その2. カビを撃退する3つの環境作り

こんにちは!半月ほど前から玄関先にツバメが巣を作ったのですが、最近どう

飲食店のホールで行うべき衛生管理|不快感を与えないお店づくりを!

こんにちは!エクシールの今井です。 弟が人参の千切りの練習をしている

第2回新入社員歓迎会を開きました!

初めまして! エクシール業務課の大野です(^^) 先日2回目の新入社

必見!泡洗浄のキホンを知る!

こんにちは!エクシールの清水です。 「エクシールのお知らせ」カテゴリ内

食品工場のカビ対策をはじめから|その1. カビの生えやすい場所って?

こんにちは、鈴木です! 先日お祝いの席で久しぶりに友人たちと会ったので