食品工場内への侵入場所別!防虫対策 ~外部からの侵入編~

こんにちは、エクシールの今井です。

本日は防虫対策についてお話していきます。
工場内への虫の侵入には、主に外部から侵入するものと、内部で発生するものがあります。今回は外部から侵入する虫の防虫対策についてお話していきます!

 

※この記事は2019年2月13日に公開した記事ですが、リライトに必要な文言等を追記、修正して再度公開しました。

虫はどこから侵入する?

外部から虫が侵入するとき、工場の隙間や空いた扉から工場内へ入ります。

仕入れ時や出荷時に段ボールや人などに付着して工場内へ迷い込むこともあれば、廃棄物の匂いや、工場内の光に反応して侵入することもあります。

外部から侵入する虫には主にハエ類(イエバエ、ニクバエ、クロバエなど)やアブラムシ類、アリ類やムカデ類、クモ類などがあります。

 

 

外部からの侵入に効果的な防虫方法

上記で紹介した外部から侵入する虫には、歩行性の虫と、飛翔性の虫がいます。
荷物にくっついて侵入したり、ドアから入ってきたりと、工場内に隙間があれば侵入の可能性があります。
光や匂いによって寄ってきてしまう種類もあるので、それぞれに最適な対策をすることで、効果的に防虫ができます。

 

①ドア・シャッターなどの出入り口にできる防虫対策

・防虫ブラシで隙間をシャットアウト!

虫はドアやシャッターの開閉時だけでなく、閉まった状態でも小さな隙間から侵入します。この隙間を埋めることで虫の侵入を防ぐことができます。
防虫ブラシは、ドアの下部や、シャッターの両サイドに取り付け隙間をなくすことができます。
ゴムやスポンジでも防ぐことはできますが、外部との直接の出入り口なので、紫外線などの影響で劣化し、ボロボロになる可能性もあり、異物混入の原因にもなります。
防虫ブラシであれば、負荷も少ないうえに開閉がしやすく、隙間も完全に防げるため、オススメです。

 

・エアカーテンとシートシャッターで荷物受け入れ時の侵入を遮断!

エアカーテンは、工場の出入り口に取り付け、左右から中央に向かって空気を吹き出すことで、風をカーテンのようにし、外部からの昆虫の侵入を防ぐことができる装置です。
風力や風向きによっては、虫が侵入してしまう可能性もあるので、注意して調節してください。
シートシャッターは、このエアカーテンと併設されることが多く、エアカーテンが起動している間だけ開閉し、虫の侵入を防いでくれます。
二重扉や前室の設置が難しい場合は、このような対策も効果的です。

②工場周辺

・光源管理(ライトコントロール)で侵入を防止!

虫の誘引源である光をコントロールすることで、工場周辺に虫を接近させないようにし侵入を防ぐことができます。
ライトコントロールには防虫灯の設置や、紫外線カット処理の他に、電撃殺虫機やライトトラップによる捕殺も含まれます。
ライトトラップは光で虫を誘引し、粘着テープ(補虫紙)で捕獲するものです。光に誘引されやすく、飛翔力のある昆虫を多数捕獲するのに適しています
しかし、設置する場所や使用方法を間違えると逆に虫を誘引してしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

③パレットや段ボール、人にできる防虫対策

・製造場にそのまま持ち込まない!

パレットや段ボールは外部から運ばれるため、チャタテムシやゴキブリなどが付着している可能性があります。
そのまま製造場に持ち込むことは異物混入の原因になります。
一旦保管庫などに持ち込み、昆虫の有無を確認しましょう。
外部から持ち込んだ段ボールや袋は虫以外にもほこりが付着している可能性があるため、清潔ゾーンにはそのまま持ち込まないようにしましょう。

 

・プラスチック製のパレットを使う!

木製のパレットはカビが生えやすく、チャタテムシやヒメマキムシなど、カビを食べる昆虫や、木そのものを餌とするシロアリなどが付きやすいです。
表面はきれいでも、裏返してみたら小さな昆虫がいっぱい…なんてこともあり、そのまま工場内へ持ち込んでしまったら大変ですよね。
プラスチック製のパレットは木製のものと比べて虫が付きづらいといわれており、重たい木に比べて洗浄しやすく、衛生的に取り扱うことができます。
木製のパレットを使用している方は、プラスチックへの変更を検討してみてください。

 

・粘着ローラーと粘着マットでほこりもOFF!

荷物の受け入れ時は、資材だけでなく、人も出入りします。
資材を工場内へ運び入れる時は、粘着ローラーや粘着マットを用いて衣服や靴底に付着したホコリや虫を取り除きましょう。

 

株式会社エクシールの「ボディローラー」は、ローラーの部分に厚みがありやわらかいウレタンゲルでできているため、一般的な粘着ローラーよりも密着度が高く、ゴミやほこりの除去率が高いことが特徴です。
素材自体に粘着があるため、粘着剤が移行する心配はありません。

また「ステップマット」は、抗ウイルス剤を配合しており、厚みのあるやわらかなゲルが靴底の凹凸になじみ目には見えないサイズの汚れまでしっかり除去します。

 

粘着ローラーのかけ方はコチラの記事を参考にしてみてください↓

工場での入退場ルールを設定しよう!着替え・粘着ローラー編

90%以上靴底の汚れを除去できるステップマットの記事はコチラ↓

ステップマットでできる床からの異物対策

「ボディローラー」「ステップマット」の購入はこちらから↓

エクシール オンラインショップ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
外部から侵入する昆虫は、隙間からの侵入だけでなく、荷物の受け入れ時にも工場内へ持ち込んでしまう可能性があります。
自社での対策を考える際には、取扱製品や従業員の出入り、原材料や製品の搬入経路などを分析し、どのような防虫対策が必要なのかを考える必要がありますね。
今一度、対策を見直し、改善に役立てていただければ幸いです!

<参考>

やさしい防虫管理の考え方 http://pest-kanri.com/

The following two tabs change content below.

今井 はるえ

ウレタンの特性を生かした商品を製造・販売している、株式会社エクシールに勤めています。どんなことも明るく、前向きに取り組んでいきます!! 好きな果物は、イチゴです!いちご狩り大好きです!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket