*

調理器具と食品容器のポジティブリスト制度について|食品衛生法はどう変わる?

こんにちは!エクシールの今井です(^O^)

最近「塩麴」を作りはじめました!
米麹に塩と水を混ぜて1~2週間程度で完成するそうです。
バナナみたいな甘い香りになったら完成…とネットに書いてありましたが、想像できません!

さて、異物混入や食中毒など、食品の安全性が求められていますが、その食品を取り扱う器具や包装容器も安全なものでなければ本末転倒ですよね。

今回は2018年6月13日に公布された食品衛生法の、調理器具・食品容器のポジティブリスト制度についてお話ししていきます。今のうちに目を通して準備していきましょう!

ポジティブリスト制度とは?

食品器具・容器は食品を製造・販売する上で不可欠な存在です。器具や容器に使用される素材は、金属、木、紙、缶、瓶などさまざまですが、よく使用されるのは合成樹脂です。

合成樹脂には食品を長持ちさせたり、使用者が取り扱いやすくするため、様々な化学物質が混合されています。しかし、器具や容器に使われている化学物質が食品に悪影響を及ぼしてしまうと意味がありません。

そこで、有害な物質の使用を制限するために、食品衛生法では容器の規格基準を定めています。

現在の法令ではネガティブリスト制度が使用されています。
ネガティブリスト制度とは、原則使用を認めた上で、使用を制限する物質を定めるものです。この制度が、食品衛生法の改正に伴ってポジティブリスト制度に変わります。

ポジティブリスト制度はアメリカや欧州、中国など様々な国が導入している制度で、
ネガティブリスト制度とは反対に、原則使用を禁止し、安全だと認められた物質のみ使用が許可されるというものです。

 

 

ポジティブリスト制度導入のメリット

従来のネガティブリスト制度の難点は、海外で使用が禁止されている物質でも、規格基準を定めるまでは使用の禁止ができないということでした。

つまり、海外では危険と判断されて使用できない物質でも、日本では基準ができるまで使用ができてしまい、消費者に悪影響を及ぼすことが懸念されます。

ポジティブリスト制度の導入によって安全性が認められたもののみしか使用できなくなることで、従来の「安全か分からないが、使用できてしまう状態」よりも消費者の安全を確保することができます。

改正に伴って懸念される課題

2018年12月7日に開催された検討会では以下の内容が議論されました。

  1. 事業者における製造管理基準の導入
  2. 事業者間の適切な情報伝達
  3. ポジティブリスト制度の対象となる材質
  4. リスク管理すべき物質の対象範囲
  5. リスク管理方法

ポジティブリスト制度の対象材質の器具・容器包装の製造者には、製造管理を制度として位置付ける必要があることや、器具や容器はメーカーから販売事業者に対して必要な情報を提供する必要があるなど、これからの方向性がある中で、様々な課題も出てきています。

例えば以下のような課題があります。

・安全な器具・容器を提供するには適切な品質管理を行い、基準を満たしたもののみを供給することや取引間での情報の伝達が必要だが、中小規模の事業者では、そのような高度な製造管理に対応することができるのか。

・熱硬化性樹脂とコーティングはポジティブリスト制度の対象とする方向性が望ましいが、熱硬化性樹脂とコーティングの定義を明らかにする必要がある。

下記のリンクから検討会の詳しい内容がご覧いただけますのでぜひ、目を通してみてください。

第5回食品用器具及び容器包装の規制の在り方に関する技術検討会(ペーパーレス)資料|厚生労働省

まとめ

食品衛生法の改正によって、食品器具や容器に使用できる化学物質が減少します。

メーカーにとっては材料が規制される分、不自由な部分も増えるかもしれませんが、その反面、国が認めた安全なもののみを提供できるため、使用者に安心や信頼を与えることができます。

今のうちから新しい法令に目を通し、準備していけるといいですね!

<参考>

第5回食品用器具及び容器包装の規制の在り方に関する技術検討会(ペーパーレス)資料|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212843_00003.html

Ⅳ.国際整合的な食品用器具・容器包装の衛生規制の整備|厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/content/11131500/000345962.pdf

食品衛生法改正にともなう容器包装のポジティブリスト制度化|一般財団法人 石川県予防医学協会
https://www.yobouigaku.jp/magazine/food/236/

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
食品回収(リコール)について学ぼう!

こんにちは!エクシールの清水です。 気になっていて観れなかったシリーズ

食品工場内に潜む化学的危害要因とその対策は?|HACCPのキホン

こんにちは!今年は体調がすぐれず、ゆっくりお花見に行けなかったことが心

ラベルの誤表示を防ごう!~印字間違え編~|食品工場でアレルゲン対策を見直す

こんにちは!エクシールの今井です(^_^) 先日ココナッツフレーバー

ハサップ(HACCP)を導入しなかったらどんな罰則がある?

こんにちは!エクシールの清水です。 先日、名古屋にある鶴舞公園でお花見

食品工場内に潜む物理的危害要因には何がある?|HACCPのキホン

こんにちは!桜も満開を過ぎて本格的に新年度が始まりました^^ 野菜もお