*

フォークリフトのタイヤの種類と選び方|工場内のタイヤ跡対策

こんにちは!次々に全国各地が梅雨入りしはじめて、なんだかじめじめどんよりした毎日ですね。先日お祝いに頂いたホットプレートでお好み焼きに挑戦した、鈴木です^^

これから湿度の高い蒸し暑い時期になりますが、食品工場ではカビ対策と共に、従業員の働く環境も整えていくことが大切です。働きやすい室温や湿度を保つことで生産効率もアップですよ!
さて、今回の記事ですが、フォークリフトのタイヤ跡対策と題しまして、工場内で使うフォークリフトのタイヤの種類と選び方についてまとめてみました。原料や製品の運搬にフォークリフトを使用しているという会社も多いと思いますが、今使っているタイヤはどんなものですか?
使用環境に合わせたタイヤを使うことで衛生環境や安全性を向上させることが期待できます。今一度、自社の環境に合わせたタイヤ選びのポイントを学んでいきましょう。

 

エアータイヤ(ニューマチックタイヤ)

自転車のタイヤの様に、中にチューブが入っていて、その中に空気が入っているため、クッション性が高く長距離・長時間の運転でも疲れにくいのが特徴のタイヤです。
ゴム製ですが中は空気なので軽くて扱いやすく、比較的安価なので劣化してもお手軽に交換できます。路面環境が悪く(屋外など)デコボコしている道を長い距離移動するようなフォークリフトには、このタイプのタイヤがオススメです。

ただし、安全のために定期的に空気圧を調整することを忘れずに行いましょう。また屋内で使用する場合は表面のゴムが地面と擦れて、地面にタイヤの跡がついてしまう可能性があるので注意です。

 

ノーパンクタイヤ(ユニークタイヤ)

中まで全てゴムでできていて、空気が入っていないため、パンクしない!というタイヤです。
フォークリフトは重量のあるものを運搬するので、パンクは大変危険です。パンクの原因になりそうなものが落ちている可能性があるという現場では大変オススメです。

中まで全部ゴムなので重いのと、どうしてもクッション性能ではエアータイヤに劣ってしまうので、長く運転する分には乗り心地は劣ってしまうのが弱点ですが、空気圧の調整が不要など利点も多いタイヤです。
またこのタイプのタイヤは「カラータイヤ」と言ってゴムに色がついているタイプのものもあります。屋内で使う場合は、「白タイヤ」や「緑タイヤ」など工場の地面の色に合わせたカラータイヤを使うことによって、工場床にタイヤ跡をつけない工夫が出来ます。

 

穴あきタイヤ

ノーパンクタイヤの側面に穴をあけることで、パンクしないことに加えて乗り心地も改善された、エアータイヤとノーパンクタイヤのまさに良いとこ取りなタイヤです。メーカーによっては「穴あきノーパンクタイヤ」「エアボスタイヤ」といった商品名で扱われているところもあります。
パンクの心配もなく、長時間運転しても疲れないのは、運転する作業員としても大変うれしいですね。欠点は、他のタイヤに比べると少々コストがかかってしまうことです。

しかし、ご紹介した通りフォークリフトは重量物を運ぶため、パンクは危険な事故につながりかねません。使用する環境によっては、多少高くても検討してみてもいいかもしれませんね。

 

リーチフォークリフト用のタイヤの種類

「リーチフォークリフト」は、これまでご紹介してきた「カウンター式フォークリフト」と違ってタイヤにたくさんの種類があるわけではありません。ここで重要なのはタイヤの材質です。
主に屋内でしか使わない、路面のきれいな場所での使用をする場合は、耐久性が高く路面にタイヤ跡が付きにくい「ウレタン」タイヤが、倉庫の外まで移動したり、タイヤの劣化が激しいような環境で使用する場合は、ウレタンタイヤに比べて安価な「黒ゴム」タイヤがお勧めです。
また、ウレタンタイヤに金属のアミを埋め込んだ「アミ入りタイヤ」というタイヤもあります。これは網を入れることで冷凍庫内などのスリップしやすい床でも路面をしっかりグリップできるという利点があります。
リーチフォークリフトを使う環境の路面状況に合わせて選んでくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?
フォークリフトのタイヤと言っても素材や形状は様々です。使用環境に合わせたタイヤを選ぶことで安全面もコスト面も改善していきましょう!また、フォークリフトなどタイヤがあるものを使うということは、「他エリアから異物を持ち込む原因」にもなるので、タイヤに付着した異物対策も忘れずに行っていくことが大切です。

 

 

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いており、カタログやガイドブックの作製・新商品の紹介などを担当しています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ヒューマンエラーを防ぐルール・マニュアルの作り方4つのポイント

こんにちは!暑い日続きで体にたまった疲れがなかなか抜けない、そんな時だ

工場内で原料や粉末を飛散させない5つの方法

今週も元気にこんにちは!鈴木です。 もうすぐお盆の季節ですね。お盆休み

食品工場や調理場で設備を洗浄・消毒するときの手順 ~調理台編~|適切な洗浄・消毒で食中毒を防ごう

こんにちは!エクシールの今井です。 すこし前から自炊をするようになり

食品衛生管理者と食品衛生責任者の違いについて知る!

こんにちは!エクシールの清水です。 夏といえばBBQですね!以前テレビ

工場の品質管理が頭を抱える「錆(サビ)対策」のポイント

こんにちは!先日、ニュースで2100年の日本の夏の気温が、沖縄県以外で