*

アレルギー物質のコンタミネーション対策|異物混入を効果的に防ごう

こんにちは!エクシールの今井です(^O^)

最近気温と湿度が高くなり、ムシムシとした暑さが少しこたえています(_)
この季節になるとアイスがおいしいですよね。

ちなみにアイスのパッケージに記載してある食品の種別が「アイスクリーム」だと太りにくいと聞きました!本当だったらうれしいですよね(^O^)

前回の記事で特定原材料の表示についてお話をしましたが、今回は食品を製造する上で、本来その食品に入っていない特定原材料などのアレルギー物質が意図せず混入してしまわないようにするためにはどのようにすればよいのか、詳しく説明していきたいと思います。

アレルギー物質の混入の危険性について

アレルギー物質の混入はどのような危険をもたらすのでしょうか。

日本では、特定原材料と呼ばれる「乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに」の7品目が食品に入っているとき、パッケージに表記することが法律で決められています。

これは、アレルギー患者の数が多く、重篤な症状を起こしてしまうことが多いものだからです。

しかし、本来その食品に入っていないはずのアレルギー物質が微量でも混入してしまえばアレルギーを持つ消費者は入っていることに気づかずに食品を手に取ってしまいます。

重篤なアレルギーはアナフィラキシーショックなどを引き起こし、最悪死に至るものです。消費者の安全を守るためにも、コンタミネーションを防ぐことは非常に重要です。

 コンタミネーションを防ぐにはどうすれば良い?

アレルギーを持つ消費者の命にも関わる混入問題ですが、どのような対策ができるのか、まとめてみました。

1.原料の管理を徹底する

原材料の管理は見落としがちですが、非常に重要です。

原材料にアレルギー物質が混入していれば、いくら工場内で対策をしても意味がありませんよね。アレルゲン別に保管場所を変えたり、粉物は舞って別の食材に混入しないよう床に近い場所で間隔を十分において保管するとよいでしょう。
受入時に袋が破れているものは搬入しないなどの対策も大切ですね。

2.専用の調理器具を使う

アレルギー対応食品とそうでないものに同一の調理器具を使ってしまうと、洗浄が不十分だったときなどに混入が起こってしまいます。

同一のものを使用するのではなく、専用の調理器具を用意しましょう。

色分けなどをすると一目でわかってよいですね。

3.調理場所を分ける

器具を分けても作る場所が同じであれば、アレルゲンが混入してしまう可能性があります。調理場所を分けることで材料の間違いなどがなくなり、効果的に混入を防ぐことができます。

同じフロアで作る場合は洗浄を徹底し、調理の時間帯を分けましょう。

4.最終製品を検査する

出来上がったアレルギー対応食品はロットごとに専用の検査キットで検査するなど、最終確認をするとよいでしょう。

5.従業員教育をする

アレルギーに対しての知識がないまま作業をさせてしまえば、同一の器具を使ってしまったり原料を間違えたりと混入の危険性があります。

しっかりと製造中のリスクや対策について指導しましょう。

アレルギー対応食品を専門で作る人とそうでない食品を専門で作る人を分けるのも良いかもしれませんね。

まとめ

アレルゲンの混入対策は安全な食品を作る上で非常に重要です。

原材料の表示には同じ工場で特定原材料などのアレルギー物質を含んだ食品を製造している場合、「同工場では〇〇を使用した食品を製造しております。」などと表示することができるので、消費者が目で見て判断ができるようにぜひ取り入れてみてください。

調理器具の使い分けや洗浄を徹底し、消費者に安心して手に取ってもらえる食品が製造できるとよいですね。

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ヒューマンエラーを防ぐルール・マニュアルの作り方4つのポイント

こんにちは!暑い日続きで体にたまった疲れがなかなか抜けない、そんな時だ

工場内で原料や粉末を飛散させない5つの方法

今週も元気にこんにちは!鈴木です。 もうすぐお盆の季節ですね。お盆休み

食品工場や調理場で設備を洗浄・消毒するときの手順 ~調理台編~|適切な洗浄・消毒で食中毒を防ごう

こんにちは!エクシールの今井です。 すこし前から自炊をするようになり

食品衛生管理者と食品衛生責任者の違いについて知る!

こんにちは!エクシールの清水です。 夏といえばBBQですね!以前テレビ

工場の品質管理が頭を抱える「錆(サビ)対策」のポイント

こんにちは!先日、ニュースで2100年の日本の夏の気温が、沖縄県以外で