*

HACCP(ハセップ・ハサップ)制度化へ向けて

こんにちは!エクシールの清水です。
ゴールデンウィークも終わり、夏までは仕事に勤しむ季節となりました…。こういう時こそ週末に息抜きをすることが大切ですね。例えば外に出かけると流行を知ることができ、自分の中の情報も増えるので、息抜きがてら外で情報を集めて、記事を読んで下さる皆様にお届けできればと思います!

 

さて、今回のテーマは食品事業者の方なら避けては通れないHACCP(ハセップ・ハサップ)の制度化についてです。どうやらこの制度化は大手の企業だけでなく、中小企業にも降りかかるようです。
今までHACCPについて知らなかった人も、これからどうしていけばよいか悩んでいた人も、この記事で今後の自社での動きが見つかればと思います。

 

HACCP制度化に至る経緯と目的

なぜHACCPの制度化へ踏み切ることとなったのか、いくつか理由を挙げてみます。

①世界的にHACCPの義務化が進んでいる

近年は日本の食品事業者の間でも認識が広がりつつあるHACCPですが、実は世界基準で見るとまだまだ遅れているのが現状です。ヨーロッパやアメリカでは、食品すべてについての義務化を進めており、中にはHACCP導入の有無により輸入規制をしている国もあります。輸出を行うためには、導入せざるを得なくなったことも制度化に至る理由だと考えられます。
また東京オリンピック・パラリンピック等で注目を集める際に、日本の衛生管理のレベルの高さを国外へ示す必要があることも理由として挙げられます。

 

②異物混入が増加傾向にあった

SNS等のメディアの種類が増えたことによって、公になる異物混入が増えています。平成26・27年頃にかけて異物混入に関する苦情件数は増加しました。
異物混入を減らし安全な食品を消費者へ届けられるようにするため、HACCPの制度化に踏み切ったとも考えられます。

 

③食中毒

超高齢社会となっている現在、食中毒のリスクが増加すると考えられるため対策を試みる必要があります。
また一般的衛生管理(PRP)の不備が食中毒の原因であることが多いため、HACCPを制度化することで基礎となる一般的衛生管理が確実に実施されるようになると考えられます。

 

HACCP制度化の概要

厚生労働省は、平成 28 年度に実施した「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」を踏まえ、平成30年の第96回国会(常会)にて食品衛生法改正案を提出しました。
下記文書は厚生労働省からの引用です。

2.HACCP(ハサップ)*に沿った衛生管理の制度化
原則として、すべての食品等事業者に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施を求める。ただし、規模や業種等を考慮した一定の営業者については、取り扱う食品の特性等に応じた衛生管理とする。
*事業者が食中毒菌汚染等の危害要因を把握した上で、原材料の入荷から製品出荷までの全工程の中で、危害要因を除去低減させるために特に重要な工程を管理し、安全性を確保する衛生管理手法。先進国を中心に義務化が進められている。

出典:厚生労働省

制度の対象者が会社の規模に関わらず全ての食品事業者(食品の製造・加工・卸売・小売・飲食店・レストランなど)となります。求められることは2点あります。

①「衛生管理計画書」を作成する。
②基準A及び基準Bに基づく衛生管理を実施する。
A)HACCPシステムにおける7原則12手順を実施する
B)一般衛生管理を基本とし、事業者の実情を踏まえた手引書やガイドラインなどを参考にして弾力的な運用を認める(※小規模事業者や飲食業・販売業等が対象)

★HACCPに関するまとめ記事はコチラ☟☟☟
【まとめ】HACCP(ハサップ)システムを導入するための手順|初心者のためのHACCPのはじめかた

①はすべての事業者が対象ですが、②では自社がどちらの基準に該当するのかを把握する必要があります。
また制度化にあたって、特に小規模事業者等への配慮が必須となります。ガイドラインの作成や導入に向けた細かな支援等を国・地方自治体・業界団体などで協力して行っていくことが大切です。

 

まとめ

今までHACCPという言葉さえあまり耳にする事が無かったような食品事業者でさえ、今後は必ず向き合わなければならない課題となります。現時点で詳細まで完璧に決まっているわけではないですが、今からできることを準備していく必要があります。初めてでどうしたらよいかわからない事業者もいるかと思いますが、HACCP導入のための手引書をまずは確認し、制度化へ向けて進めてみてはいかがでしょうか。
とはいっても、制度化されるから導入しようではなく「安全な食品を消費者へ届ける」ためにまずは1歩踏み出してみませんか。

 

 

The following two tabs change content below.

清水 まり

ウレタンゲルというやわらかな素材を扱った工場向けの商品を製造・開発する、株式会社エクシールに勤めています。海外向けのサイトを担当しており、国内外の製造者の方々へ新商品の紹介やご提案の仕事をしています。工場で働く皆様へ衛生管理の考え方や最新の情報を記事にしていきます!私ごとですが寒い時期の温泉がだいすきです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
品質管理のキホン|QC7つ道具「パレート図」とは?

こんにちは!エクシールの清水です。 最近、映画を見ることが多いのですが

初心者でもわかる!ISO22000取得の手順・流れを完全解説|食品工場の衛生管理

こんにちは!夜も寝苦しいほどの酷暑から一転、急に朝晩冷え込むようになっ

CODEX(コーデックス)って何?|食品の国際規格を簡単解説!

こんにちは!エクシールの今井です(^_^) 先日夜の金華山をドライブし

品質管理のキホン|QC7つ道具とは?

こんにちは!エクシールの清水です。 最近涼しくなってきて、秋を感じます

フードセーフティとフードディフェンスの違いって?|食品工場の衛生管理

先週は強力な台風に大きな地震と、天災が続きましたが、お住まいの地域はご