*

カビの生えにくい環境を作る3つの方法|食品工場のカビ対策をはじめから

こんにちは!桜の木も青々とした葉に覆われて、春も終わりが近づいてきているなあと感じる今日この頃。私事ではありますが、先日新しいアパートに引っ越したばかりで家の中がダンボールでいっぱいな、鈴木です。

さて、今回の記事は工場内のカビ対策について。その中でも「カビの生えにくい環境づくり」に焦点を当ててみていきたいと思います。
カビの除去や清掃をしていても、次から次へと生えてきてしまう工場内のカビ。カビの生えにくい環境を整えることで、しっかりと衛生管理を行っていきましょう。

 

カビの発生する環境

カビの発生する主な条件としては、「温度」「湿度」「栄養」「pH」などがあげられます。

カビの発生する温度

-5~30℃がカビの発生する温度とされています。さらにその中でも、15~30℃は好条件とされ、カビの成長が起こりやすい温度となっています。
見て分かるようにカビは私たちの生活する温度で繁殖を行うので、作業場や保管中・搬送中の食材などにカビが付くと増殖してしまうため、注意が必要です。

カビの発生する湿度

80%以上がカビの発生しやすい湿度と言われています。梅雨の時期などは湿気が多く、カビの生えやすい季節となります。また、気候だけではなく、工場内で扱う水や水回り、結露、蒸気などによる湿気も、カビの生えやすい環境を作ってしまう原因となることが多くあります。
湿度はカビの発生を抑えるうえで管理すべき必須項目です。

カビの発生に必要な栄養

カビの増殖には栄養が必要です。食品では菓子やもち類など、でんぷんや糖分が多いものは特に発生しやすく注意が必要です。
また工場内の壁などに発生するカビは、食物残差やほこり、汚れ、塗料や壁材などを養分として増殖しているため、カビの発生を防ぐためにも清掃をこまめにすることが大切です。

カビの発生するpH

カビの発生する条件として、pHが4~6の環境というのも挙げられます。
アルカリ性の環境ではカビは発生しにくいです。

上記の条件を満たさない環境を設定しておくことで、カビの発生を防止することが可能です。

 

適した予防対策でカビの発生を防ごう!

すでにカビが生えている場合、その場所はカビの生える条件が整っていることになります。そのため、せっかく業者などに依頼してカビの除去を行っても、しばらくすると再びカビが発生してしまった・・・なんてことに。

大切なのはカビの除去だけでなく、カビの生えにくい環境を作っていくことです。
次の項目から工場内で使えるカビの予防方法を3つ紹介していきたいと思いますので、参考にしてみて下さいね。

 

工場内のカビ予防対策1:湿度管理を行う

シンクや配水管などの水回り、冷蔵庫や冷凍庫がある部屋などは、飛び散った水や結露によって湿気が多くなりがちです。
そんな時は除湿機などを置くことによって湿度を低く保つようにしましょう。

湿度43%以下の環境を毎日3時間以上保つことでカビの増殖を防ぐことが出来るという研究データがあり、55%程度でもかなりの効果があるそうです。
これを目安に、湿度の高くなりがちなエリアを湿度管理していくとよいと思います。

工場内の結露対策をまとめた記事はコチラ!食品工場における天井の結露対策|今すぐ始められる結露対策3選

 

工場内のカビ予防対策2:カビの発生しにくい素材・コーティングを使う

カビの発生しやすい場所は、予めカビの発生しにくい素材やコーティングを行っておくという対策方法があります。効果としては、カビの発生しにくい材質に加え、汚れが付きにくい・ついたときに落としやすいことがポイントとなります。

もちろん防カビ剤の壁だから必ずカビが生えないかというとそうではありません。対策3に紹介するような、定期的な清掃が重要となってきます。

 

工場内のカビ予防対策3:こまめな清掃が重要

上記のような湿度対策や抗菌対策をすることで、カビの発生しにくい環境を作ることが出来ます。しかし、これだけでは対策として万全ではありません。
これらに加えて、壁や床をこまめに清掃して付着したカビの素を増殖する前に除去していくこと、工場内を清潔に保つことが重要です。
湿気が溜まりやすい場所や、床を含めた腰から下の壁は特に念入りに、定期的に清掃を行っていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はカビ対策の中でもカビの発生しにくい環境づくりについてまとめてみました。
対策をする際は、除湿機や扇風機を設置するだけ、ではなく、きちんと効果があることを湿度計などで確認したうえで、工場に合わせた適切な対策を行っていきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いており、カタログやガイドブックの作製・新商品の紹介などを担当しています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
工場での入退場ルールを設定しよう!着替え・粘着ローラー編

こんにちは!エクシール清水です。 先日、母の日に贈り物をしました。毎年

まずはここから始めよう!食品工場のカビ対策まとめ

こんにちは。エクシールの鈴木です! ゴールデンウィークも明けてすっかり

加工食品のアレルギー物質表示について|どのように表示すればいい?

こんにちは!エクシールの今井です(^O^) 先日、ケーキバイキングに行

必見!トレーサビリティの効果とは?

こんにちは!エクシール清水です。 突然ですが何度か来ている場所でも気付

カビが生えてしまった時の除去方法|食品工場のカビ対策をはじめから

こんにちは!桜も散ったかと思えば一気に夏ですね>< 先日実家で取れた筍