*

ペストコントロール|殺虫器・捕虫器を使った防虫対策の基本

こんにちは!温かくなったり寒くなったりと、春独特の気候が続いていますね。
私の実家のヤギさんは芽吹いてきたタンポポのお味がお好みなのか、嬉しそうにぱくぱく2たべています^^

さて、今回のテーマは「防虫対策」で用いられる捕虫器についてです。
器機を用いた「防虫」「殺虫」「捕虫」対策にはどのような種類のものがあるのか、具体的に見ていきたいと思います!
防虫対策を含む大きなテーマとなる「ペストコントロール」について知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいね!
▼ペストコントロールについての詳しい記事はコチラ!
防虫対策?!ペストコントロールとは|簡単ポイントまとめ

 

・防虫対策の基本と重要性

食品に関する業界では特に細心の注意を払って対策されているのが「異物混入対策」。
せっかく買った食品に異物が入っていた、なんてことになったら、消費者としてはがっかりですよね。さらにはそれが虫などの不衛生なものだったら・・・。
虫が一匹混入していただけで大きなクレームになったり、最悪の場合混入した虫が保有する菌によって感染症が引き起こされたりというリスクがあるため、防虫対策はしっかりと行っていきたいですね。

さて、そんな防虫対策の基本ですが、すべての虫に効果抜群の対策があるわけではありません。
この記事では、外から侵入する可能性のある飛翔性の虫についての防虫対策についてまとめていきたいと思います。

外から侵入する可能性のある虫に対する対策の基本は、まず建物に虫を寄せ付けないことになります。
工場の中に外からの虫が侵入するのを防ぐ措置を取ったのちに、それでも侵入してしまった虫は殺虫器や捕虫器で対策していきましょう。

 

・建物に虫を寄せ付けない・侵入させない対策

虫を工場に近寄らせない対策として上げられるのが、建物から離れた場所に虫を誘い込む方法です。これは一般的に光を用いた対策方法が行われています。
建物から遠い場所には虫を誘いやすい高出力水銀灯を設置し、逆に建物に近いところの照明を嫌虫ランプや低誘虫ランプにすることで、建物に虫が接近するの防ぐことが出来ます。

もちろんこの方法も全ての虫に有効なわけではありません。対策を通り抜けて建物付近に近寄ってしまった虫や、そもそも光による誘引が効きにくい虫もいます。
そんな虫たちを建物の中に侵入させないよう、壁や扉に隙間が出来ていないか、侵入ルートが出来ていないかをよく確認し、隙間はパテなどで埋めるようにしましょう。

 

・殺虫器・捕虫器による対策

上記の対策も残念ながらすべての虫にあてはまるわけではありません。侵入を許してしまった虫は、材料や製品に混入する前に殺虫器や捕虫器を使って対策していきましょう。

殺虫器・捕虫器には、一般の白熱電球のおよそ100倍以上の誘虫能力を持った光を出す蛍光灯がついています。その光で誘われてきた虫を電撃でやっつけるのが殺虫器(電撃殺虫器)、粘着材で捕獲するのが捕虫器になります。
殺虫器はやっつけた虫が溜まるトレイが設置されており、殺虫器は粘着材に虫がくっつくため、いずれも定期的に清掃or粘着シートの交換が必要になります。

 

・殺虫器・捕虫器の設置場所

まず、建物の入り口や窓からは離れたところに設置しましょう。
侵入した虫をすぐに撃退したい気持ちはありますが、あまり入り口や窓に近いところに設置してしまうと、強力な誘引作用のある光が建物の外に漏れて、余計に虫の侵入を増やしてしまうことになりかねません。

取り付ける高さも重要なポイントになります。
ターゲットとする虫がどれくらいの高さを飛行するものなのかをチェックし、その高さに設置しましょう。但しこの時に、その高さが作業者の邪魔にならないか、安全な高さなのかをしっかりと確認することが大切です。
特に電撃殺虫器は高い電圧がかかっているため、取扱説明書に従った安全な場所に設置する必要があります。

また、近くに別の灯りがあったり、周りの壁材が光を吸収してしまうような色の場合、また近くに虫の好むにおいなどを発生させるもの(生ごみなど)がある場合も、誘虫効果が存分に発揮されない恐れがあります。

 

・虫の死骸・破片もしっかり対策

虫が好む光でおびき寄せ、やっつけたり捕まえたりするのが殺虫器・捕虫器ですが、その際に虫の破片が飛び散ったり、死骸が器機の下、工場床に落下してしまう場合があります。
床に落ちた虫の破片は、工場内を移動する際の風や作業者の靴底、原料や製品を運搬する台車のタイヤなどにくっつき、エリアを移り製品に混入してしまいます。

このリスクを少なくするために効果的な対策は、「工場床の清掃」と「靴底・タイヤに着いた汚れの除去」です。
工場の床はいつでも汚れているもの、と思わず、毎日の清掃が大切です。またステップマット粘着ローラーを使って、作業エリア(またはその前段階のエアシャワーなど)に入る前に、作業者自身の体に付着したホコリや虫の破片、毛髪などを除去することで、よりクリーンな衛生環境を保つことが出来ます。

▼簡単導入♪洗ってくり返し使える粘着マット「ステップマット」をご紹介したページはコチラ!

クレームゼロマット|99%異物除去する工場用ステップマット

 

・まとめ

いかがでしたか?今回は防虫対策についての記事でしたが、工場内の衛生対策は、それぞれのターゲットによって対策方法が異なります。
自社に合った隙のない対策を行うことで、異物混入のリスクをしっかり予防していきましょう。

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いており、カタログやガイドブックの作製・新商品の紹介などを担当しています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
隙間汚れをためない工夫をする|食品工場内の隙間は要注意!

こんにちは!エクシールの今井です。 エクシールでは朝1時間清掃をおこな

異物混入対策|金属片の混入を防ぐ!

こんにちは!エクシールの清水です。 先日、三重へ旅行に行ったのですが、

カビの生えやすい場所って?|食品工場のカビ対策をはじめから

こんにちは、鈴木です! 実家に大掛かりなリフォーム工事が入っていて、ペ

食品工場における天井の結露対策|今すぐ始められる結露対策3選

こんにちは!エクシールの今井です。 最近、食事のデザートとしていちごを

必見!毛髪混入対策|眉毛・まつ毛の対策とは?

こんにちは!エクシールの清水です。 先日、桜守さんのガイド付きでお花見