森林破壊の世界と日本の現状は?対策と私たち個人にできること

こんにちは!エクシールの藤吉です。

動植物や私たちの暮らしに森林破壊は大きく影響します。国によって森林破壊の原因が異なり、全世界共通ではありません。

今回の記事では、森林破壊の現状についてお話ししていきます。

森林の働き

森林破壊を聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、森林にどんな働きがあるのかご存じでしょうか。

まず森林破壊とは、人間が行う森林伐採や地球温暖化、森林火災などで森林が消失してしまうことです。

森林には以下のような働きがあります。

・生態系のバランス維持

・二酸化炭素吸収(地球温暖化防止)

・天然のダム

・浄水

・土砂保全

・資源(木材やキノコ、果物等の食料)を育む

どれも生態系への影響、私たち人間への影響も出ています。森林が減少したことで、二酸化炭素の吸収量が少なくなり、地球温暖化の問題が大きくなりました。

次に、森林破壊による世界と日本の現状をお話しします。

 

森林破壊による世界と日本の現状

世界の森林減少率(1990年→2020年)

・森林率(%)…約1.4%

・森林面積(ヘクタール)…約1億7,750ヘクタール

森林率を見てみると1990年→2020年で1.4%減少しています。あまり多くないと感じますが、森林面積は約1億5,000ヘクタール以上失われ、毎年平均592万ヘクタール失われたということになります。

これは1分間につき約2.4個分の東京ドームが失われているイメージです。

 

日本の森林減少率(1990年→2020年)

・森林率(%)…約66.0%キープ

・森林面積(ヘクタール)…約11万ヘクタール

日本は、66.0%の森林率をキープしています。

森林破壊が起こっていないように感じますが、日本は国産木材ではなく、外国産木材を低価格で輸入しているので間接的な森林破壊に加担しています。

 

森林破壊による地球環境の影響

大気汚染

森林が減少すると、大気汚染が起こり、大気汚染が進行していくと地球温暖化が急速に進みます。森林は、有害な汚染ガスを吸収し無害化することと、ほこりなどを葉が吸着し大気を浄化する機能があります。

光化学スモッグの原因となる物質(オキシダント)は、葉の表面に触れるだけで分解が進みます。光合成能力が低下した汚れた葉でも大気浄化の機能は低下しません。

大気を浄化している森林が減少し続けると、大気中に大量の汚染物質が漂い、酸性雨が増加して、土や水が汚染されます。

そして、草木が枯れ、生態系にも大きな悪影響を及ぼします。

地球温暖化

森林は、大気中にある二酸化炭素を減らす役割を担っています。

二酸化炭素で大気中が汚染されると、地球温暖化は急速に加速し、気流や雨量の気候変動を引き起こします。

森林によって、雨水がろ過されて水質が守られていましたが、森林がなくなると水質が守られなくなります。

生態系

現在地球上の森林面積は、陸地の面積の約3割を占めており、森林には全生物の5~9割が生息しているといわれています。

森林伐採と森林破壊が同時進行していくと、それに比例するように減少または絶滅する生物が増えていきます。

また、森を住処とする動物だけでなく、寒い地域に住む動物にも悪影響があります。森林がなくなり温暖化が進行すれば、南極の氷が今以上に溶けてしまい、南極の生き物(シロクマやペンギン)のエサや住処がなくなってしまいます。

 

森林破壊の現状に対する取り組み

世界での取り組み

上記のような事態を避けるために世界で行われているのは、持続可能な開発目標であるSDGs「陸の豊かさも守ろう」という項目です。

違法伐採に対し、衛星観測データを用いて違法で伐採が行われていないか森林を監視したり、各国で罰則を設けたりしているそうです。

また、地域住民が森林管理を行って得られた利益を携わった住民で分配する管理方法「コミュニティフォレストリー」によって、森林を守る対策もとっています。

日本での取り組み

日本が取り組んでいる違法伐採への対策のひとつとして、インドと連携をし、衛星データを活用することで伐採状況の把握、木材の調達から破棄までの追跡が可能な技術開発を行っています。

また、日本政府は2001年4月から「グリーン購入法」、2017年から「グリーンウッド法」を施行しました。

グリーン購入法

製品やサービスを購入する際に、公的機関が率先して環境への負担の少ない商品を選んで購入するための法律

グリーンウッド法

伐採国で合法に伐採された木材の流通を促進することで木材の違法伐採を抑制するための法律

他にも、荒れ果ててしまった山を修復する治山技術や海岸砂丘林の技術を他国に伝えて技術支援をし、森林環境の改善に貢献しています。

個人での取り組み

森林認証マークがついた製品を購入する

森林認証とは、森林が適切に管理されていることを第三者機関が認証し、その森林から伐採された木材や木材製品に認証マークをつける制度です。これは、違法伐採の木材かどうかを見分ける方法とされます。

森林認証には以下の3つがあります。

・FSC認証(森林管理協議会)

・PEFC認証(PEFC森林認証プログラム)

・SGEC認証(緑の循環認証会議)

木材製品などを購入する際は、認証マークがついたものを選ぶように心がけましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

森林伐採などによる森林破壊は、生態系を壊したり地球温暖化を引き起こしてしまいます。

私たちが個人でできることを積極的に取り組んでいけると良いですね。

The following two tabs change content below.

藤吉きらら

ウレタンゲルという柔らかい素材を活かした商品を開発している株式会社エクシールに勤めています。仕事をしていく上で、挨拶・笑顔は大切だと思います。日常生活で心掛けていきたいです。抹茶のお菓子だいすきです!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket