クリーンエネルギーとは?|それぞれの特徴や役割を紹介!

こんにちは、エクシールの今井です。

今回は、クリーンエネルギーについてです。
クリーンエネルギーに含まれるエネルギーと、特徴や役割について紹介していきたいと思います!

クリーンエネルギーとは?

クリーンエネルギーとは、二酸化炭素や窒素酸化物などの有害物質を排出しない、あるいは排出が少ないエネルギーです。
クリーンエネルギーは、地球温暖化防止に欠かせないエネルギー源でもあります。

クリーンエネルギーの代表的なものとして、太陽光発電・水力発電・風力発電・バイオマス発電・地熱発電が挙げられます。

 

クリーンエネルギーの種類・特徴

太陽光発電

太陽光発電は、太陽による光エネルギーを太陽電池に蓄えてエネルギーを発生させる方法です。

 

太陽光パネルは建物の屋根や埋め立て場跡地など色々な場所に設置が可能なため、空きスペースを有効に活用して導入することができます。
また、自宅の屋根でも発電が可能で、電気を貯蓄しておけるため、災害時の自立発電として使用することもできます。

日照時間で発電量が左右されやすく、安定供給できないというデメリットもあります。

 

水力発電

水力発電は、川やダムの水流を利用してエネルギーを発生させる方法です。

 

水の流れによって水車を回し、内部に組み込まれた発電装置を動かして電力を発生させます。山が多く高低差を作りやすい日本に適した発電方法で、発電所を作れば、数十年にわたって一定量の電力を安定に供給することができます。

しかし、発電所を作るためには大型のダムが必要となるため、環境負荷や初期費用がかかるなどという課題もあります。

 

風力発電

風力発電は、風で風車を回し、その回転力を利用してエネルギーを発生させる方法です。

 

エネルギー効率が高く、風さえ吹けば夜間でも発電が可能ですが、年間を通して安定して風が吹き、景観などに影響がない土地にしか設置ができません。

土地が狭い日本では、風力発電機の設置場所が確保しづらいため、洋上風力発電の拡大が検討されています。

 

バイオマス発電

バイオマス発電は、植物や動物などから作られる生物由来の再生可能資源を燃やしエネルギーを発生させる方法です。

 

発電と同時に、廃棄物の減少・再利用することができ、安定した電力供給が可能になります。天候などによって発電量が左右されてしまう太陽光発電や風力発電と異なり、バイオマス発電は、燃料が用意できれば安定的に発電が可能です。

発電量をコントロールしやすいため、再生可能エネルギーの中でも注目を集めています。

 

地熱発電

地熱発電とは、地中深くにある蒸気で発電機を回しエネルギーを発生させる方法です。

二酸化炭素をほとんど排出せず、地熱資源の多い日本に最適ですが、発電所設置時に自然破壊のリスクがあります。

 

個人でクリーンエネルギーを導入する方法は?

クリーンエネルギーは自然由来のエネルギーをうまく電気に変換するという方法なので、火力発電や電子力発電と異なり、大規模な施設がなくても発電できるものがあります。

 

・太陽光パネルの設置

自宅の屋根などに太陽光発電のパネルを設置することができます。

設置すると、家庭内で使用する電気の一部を太陽光で賄うことができるようになります。

 

・エコカーを使う

将来的に主流になることが見込まれている水素自動車や電気自動車は、ガソリンを使わないので、二酸化炭素の排出をかなり抑えることができるうになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
世界中でクリーンエネルギーが不足している中で、効率的にエネルギーを生み出すことができるかが重要なポイントとなります。
これからは私たち個人でもクリーンエネルギーの活用を意識していく必要がありますね。

<参考>

MIRAI PORT|クリーンエネルギーとは?
https://www.mirai-port.com/people/3445/

gooddo|クリーンエネルギーの種類やそれぞれの特徴とは?
https://gooddo.jp/magazine/clean_energy/6846/

The following two tabs change content below.

今井 はるえ

ウレタンの特性を生かした商品を製造・販売している、株式会社エクシールに勤めています。どんなことも明るく、前向きに取り組んでいきます!! 好きな果物は、イチゴです!いちご狩り大好きです!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket