トヨタ生産方式「7つのムダ」とは?

こんにちは、エクシールの鷲見です。

今回は「7つのムダ」の考え方をご紹介したいと思います。

「7つのムダ」とはトヨタ生産方式の考え方の一つで、より効率よく商品を生産するために「7つのムダ」を徹底的に排除するべきとしています。

本記事では、この「7つのムダ」とはどういう意味なのか、食品工場で活かすことのできる点についてお話していきます。

「7つのムダ」とは

「7つのムダ」はそれぞれ以下のような意味があります。

1. 作りすぎのムダ

必要のないものまで余分に作ることを指します。商品を作りすぎてしまうと在庫場所の確保、作業を行う手間や人員、商品を運ぶ運搬回数の増加など様々なムダの発生に繋がります。

2. 手待ちのムダ

作業することがなく、手が空いた状態のことです。前工程での製造の遅れや不良確認などの理由によって作業が停止すると、生産性のない時間が生まれてしまいます。

手待ちになる要因は様々ですが、手待ちのムダが日常化してしまわないよう作業手順を確認するなどして原因を明らかにすることが大切です。

3. 運搬のムダ

運搬自体には商品の付加価値を生みません。

原材料や部品を運ぶ際の時間や仮置き動作などは少なければ少ない程良しとされます。

レイアウトや工程を見直し、効率よく物を運べているかを確認しましょう。

4. 加工そのもののムダ

付加価値のない不必要な加工のことを指します。他にも、従来のやり方で作業を続けることで本来必要のない工程や作業を行ってしまうことも加工のムダとなります。

その工程が本当に必要なのか、簡略化できる方法はないか等を考える必要があります。

5. 在庫のムダ

在庫が多すぎて、保管場所を余分にとってしまうことをいいます。この在庫は完成品だけでなく、材料や備品など施設内の全ての物のことを指します。

万が一の時や円滑に商品の出荷を行うためにある程度の在庫は必要です。しかし、過剰な在庫は品質の低下や生産までの費用の増加に繋がってしまいます。

必要性を聞かれてもはっきり理由を答えられる範囲での在庫量にしましょう。

6. 動作のムダ

目的のない人の動き、しゃがんだり物を持ち替えたりする動作の中で不必要な動きのことです。

ひとつひとつの時間としてはごく僅かですが、その動作を何回も繰り返すことによってムダな時間はどんどん大きくなっていきます。

誰が行っても仕事がスムーズに進められるよう作業手順を明確化すること、作業の際の配置を見直すことが大切です。

7. 不良を作るムダ

不良品や廃棄が必要なもののことを指します。商品として出荷できないものの生産は会社にとって利益に繋がりません。

不良を発生させないためには、品質管理や作業工程を見直して原因を突き止め改善する必要があります。

 

食品業界で考えるムダについて

食品を製造、提供するうえで見直すべき点の例として、在庫量の見直しが挙げられます。
商品の欠品を防ぐため多めに作りすぎてしまったり、過剰な作り溜めをしたりすると提供時に品質が低下するだけでなく食品ロスに繋がってしまいます。

日々の売り上げを確認しながら、その都度生産量を決定することが大切ですね。

他にも、一人の従業員ができる仕事の種類を増やすことで人件費や手待ちのムダの削減が見込めます。

まとめ

ムダを減らし作業を効率化させることは、労力の負担の軽減、作業にかかっていた経費の削減に繋がります。
日々行っている仕事の中にも、見直してみると改善が見込める作業だったということが意外とあるかもしれません。従来の方法を大切にしながら、定期的に作業手順を確認してムダをなくしていけると良いですね。

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ポリウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事をする中で得た知識や経験を通して、食品業界で働く皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります!大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket