【食品工場従業員は必見!】食品工場で役に立つ国家資格一覧

こんにちは!エクシールの今井です。
各地で緊急事態宣言が延長し、なかなか外に出られませんね。
おうち時間を有意義に過ごすために、本日は食品工場勤務、または勤務予定の方向けに、食品工場で役立つ国家資格をご紹介いたします。

資格を取得することで、できる事の幅が広がり、お給料UPや、就職や転職の面接で、印象UPにつながります。

この記事をご覧になった企業様は、従業員の育成にも役立つので、ぜひ資格取得手当などを検討してみてください。

それでは見ていきましょう!

 

食品工場で役立つ!取得できる!国家資格一覧

★ 衛生管理者

衛生管理者とは、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理できる資格です。

常時50人以上の労働者を使用する事業所では衛生管理者免許を有する者のうちから、労働者数に応じ、一定数以上の衛生管理者を選任することが義務付けられています。

 

取得方法:安全衛生技術センターにて、衛生管理者試験に合格する

試験資格(一例)

・大学(短期大学を含む)または高等専門学校卒業後、1年以上の実務経験がある者

・高等学校または中等教育学校卒業後、3年以上の実務経験者

・10年以上の実務経験がある者

 

★ ボイラー技士

ボイラー技士とは、一定規模以上のボイラーの運用や管理、保守点検などを行うための国家資格です。工場など、一定規模以上のボイラーを設置している事業所では、二級以上のボイラー技士を選任することが義務付けられています。

 

取得方法:各都道府県で行われるボイラー技士試験を受け、合格したら、所定の実務経験を行うか、講習を受け、免許の交付を受ける

試験資格(一例)

■特級

下記のいずれかを満たす人

・一級ボイラー技士の免許を保有する者

・学校教育法による大学、高等専門学校でボイラーに関する講座または学科目を修めて卒業し、その後2年以上の実地修習を経た者

・熱管理士免状(エネルギー管理士(熱分野)免状も該当)を有し、2年以上の実地修習を経た者

・海技士(一級海技士または、二級海技士)免許を有する者

・ボイラー、タービン主任技術者(第一種または、第二種)の免状を有する者で、伝熱面積の合計が500平方メートル以上のボイラーの取り扱い経験者

■1級

下記のいずれかを満たす人

・二級ボイラー技士の免許を保有する者

・学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校等でボイラーに関する学科を修めて卒業し、その後1年以上の実地修習を経た者

・熱管理士免状(エネルギー管理士(熱分野)免状も該当)を有するもので、1年以上の実地修習を経た者

・海技士(3級以上)免許を有する者

・ボイラー、タービン主任技術者(第1種または第2種)の免状を有する者で、伝熱面積の合計が25平方メートル以上のボイラーの取り扱い経験者

・保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25平方メートル以上のボイラーの取り扱い経験者

■2級

なし(本人確認書類が必要)

 

★ 食品衛生管理者

食品衛生管理者は、食品衛生法第48条の規定により、その製造・加工を衛生的に管理させるため、食品衛生法施行例第13条に示す食品を製造又は加工する施設において、配置することが義務付けられています。

 

取得方法:資格条件を満たすこと

資格条件

・医師、歯科医師、薬剤師、獣医師

・学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者

・都道府県知事の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者

・学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校若しくは旧中等学校令に基づく中等学校を卒業した者又は厚生労働省令の定めるところによりこれらの者と同等以上の学力があると認められる者で、食品衛生管理者を置かなければならない製造業又は加工業において食品又は添加物の製造又は加工の衛生管理の業務に3年以上従事し、かつ、都道府県知事の登録を受けた講習会の課程を修了した者(衛生管理の業務に3年以上従事した製造業又は加工業と同種の業種の施設においてのみ食品衛生管理者となることができます。)

 

★ フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者は、工場内や倉庫内でフォークリフトに乗って大型の荷物を運搬したり、トラックに積み込むことができます。

 

取得方法:各地の教習所等で講習を受け、修了試験に合格する。

試験資格:18歳以上の方

 

★ 菓子製造技能士

菓子製造技能士は、一定レベル以上の製菓技術と知識を有することを証明する資格です。
検定は洋菓子と和菓子に分かれている為、必要な方のみを取得することができます。

 

取得方法:各都道府県で行われる菓子製造技能士試験に合格する。

試験資格(一例)

■1級
7年以上の実務経験(製造業務)または、製菓専門学校の卒業後、必要な年数の実務経験(製造業務)※必要な経験年数は学校の課程によって異なります。

■2級
2年以上の実務経験(製造業務)または、製菓専門学校を卒業すること

 

★ 菓子衛生師

菓子衛生師とは、製菓技術や衛生知識が身についていることの証明となる資格です。

和菓子・洋菓子など、ジャンルを問わず、さまざまな製菓技術が身についていることの証明となります。

 

取得方法:各都道府県で行われる製菓衛生師試験に合格する。

試験資格(一例)

・菓子製造業での2年以上の実務経験(製造業務)
・都道府県知事か指定する製菓衛師養成施設で1年以上学ぶこと

 

★ パン製造技能士

パン製造技能士とは、パン作りの実務経験者を対象として、製パン工程における技能を認定する国家資格です。

 

取得方法:各都道府県の職業能力開発協会が実施する試験に合格する。

試験資格(一例)

■特級
1級合格後、5年以上の実務経験(製造業務)

■1級
7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験(製造業務)

■2級
実務経験2年以上(製造業務)

 

★ 調理師

調理師免許とは、調理技術や、栄養・衛生など、食に関する専門知識を持つことを証明するものです。

 

 

取得方法

・飲食店等で2年以上の実務経験(製造業務)を積んだ上で、各都道府県で実施される調理師試験を受ける。(雇用形態は非正規雇用でも可)

・厚生労働大臣が指定する調理師専門学校や、調理科などのクラスのある高校、大学などの養成施設で学び卒業する。

 

まとめ

いかがでしたか。
実際に数年働かなければ受験できない資格もあれば、すぐに取得できる資格もあります。
どれも国家資格なので、就職や転職、実際に働いている方は昇進などにつながると思います。
ぜひとも取得を検討してみてくださいね!

 

<参考>

国家資格のページ – 資格の王道
http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html

The following two tabs change content below.
ウレタンゲルのやわらかさ・自己粘着性を活かした商品を開発する、株式会社エクシールで働いています。最近では食品工場など製造業に向けた衛生商品を扱うことが多く、「きれいな工場をつくるお手伝い」をさせていただくため奮闘中!ウレタン製の衛生グッズを紹介する衛生管理アドバイザーとして、お役にたてる情報を発信できるよう、頑張ります。好きな食べ物はトーストです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket