自働化とは?|トヨタ生産方式の基本思想を学ぶ!

こんにちは、エクシールの鷲見です。

前回、ジャスト・イン・タイムについてお話をいたしました。

↓前回の記事はこちら↓

ジャスト・イン・タイムとは?|トヨタ生産方式の基本思想を学ぶ!

日本が世界に誇る自動車メーカーであるトヨタには、顧客が求めた商品を確かな品質でいち早く生産することを目的としたトヨタ生産方式という生産管理システムがあります。

トヨタ生産方式では、効率的な生産のためにムダを徹底排除するべきとし、これらを貫くために「ジャスト・イン・タイム」「自働化」という2つの考え方が基本思想として確立されました。

今回は、基本思想の1つである「自働化」について理解を深めてまいります。

自働化とは

自働化とは、異常や問題があればその場で直ちに停止させる仕組みです。
自動化と区別するためにニンベンのついた自働化ともいわれています。

一般的な自動化は人の動きを機会に置き換えて、安定した品質で大量に物を作ることをいいます。
生産量は望めますが、機械の不具合や製品の不良を見つけるのは人の仕事になります。そのため、異常があっても機械は動き続け、結果として不良が量産されたり監視による人員配置が必要になったりするなど設備費や人件費がかかってしまいます。

そこで、動きだけでなく品質の良し悪しや異常を判断する人の働きを機械自体に盛り込んだのが「ニンベンのついた自働化」です。自働化で、問題や異常発生を機械が判断し停止するシステムを構築します。
その場で異常を発見できることによって原因追究がしやすくなります。
また、監視で付きっきりになる必要が無くなるため、人は機械の稼働時も他の作業に従事できます。機械と人との役割を分けることで、より付加価値の高い仕事を人ができるようになります。

自働化の前提条件

前項でお話したように、自働化とは異常発生時に機械が止まる仕組みです。そのため、日常的に機械の故障が多い環境では自働化が向いていません。稼働率がさらに下がり、かえって生産効率を下げてしまいます。

自働化の導入には、作業が標準化されており異常が起きた理由が突き止めやすい環境であることや、環境改善のできる知識、技能のある人員が配置されていることなどが求められます。

自働化の大切な要素

自働化の実現には以下の要素を取り入れることが大切です。

異常の見える化

異常発生時に機械が自動で停止します。停止の理由には、製品の不良や設備の不具合、標準作業とは異なる事態の発生など工程によって様々なものがあります。
アンドン(表示灯)という電光表示器を導入し異常を見える化することで、担当者が素早く処置に取り掛かることができます。

定位置停止

機械が停止するときや作業者が異常を発見したときに、定められた位置まで進んでから停止させる仕組みのことをいいます。
すぐにラインを止めてしまうと作業ミスや工程飛ばしなどが起こる可能性があるため、それを防ぐためのものです。
緊急事態発生時の非常停止については、定位置停止ではなくその場でラインを止める必要があります。

ポカヨケ

生産時のトラブルはヒューマンエラーによるものが多いです。この人由来のミスを起こさないようにした仕組みのことをポカヨケといいます。
自働化には、異常を気づかせるだけでなく、根本として不具合やミスを発生させないための設備も必要です。

また、ポカヨケと同じ考え方で万が一トラブルが生じた際に安全に制御するフェイルセーフという設計の考え方もあります。

↓詳しくはこちら↓

フェイルセーフとフールプルーフは何が違う?

フルワークシステム

各工程を連動させて、それぞれの手持ち量にばらつきが生まれないようにするシステムです。
後工程で機械が停止したときに前工程の仕事も停止させることで、工程間の仕掛品の作りすぎのムダを防ぎます。

自働化の運用で大切にすべきこと

自働化の運用は、機械を自動で停止できるようにすれば良いわけではありません。
生じた問題を一つずつ確実に解決し、再発防止策を考えてそれを設備に反映させることが改善に繋がります。

その場で解決させて終わらず次に繋げて設備を作りこんでいくことで、品質の向上や人材育成、より作業をしやすい環境づくりを目指すことができます。

まとめ

今回は前回に引き続き、トヨタの基本思想についてご紹介しました。
異常は次の工程へ持ち込まない、その場で解決させ標準作業に組み込むことで、様々なムダをなくすことに繋がります。

問題に対する素早い対応や改善意欲を大切にする自働化の考え方を参考にしていきたいですね。

 

〈参考〉
トヨタ自動車株式会社「トヨタ生産方式」:https://global.toyota/jp/
J-STAGE「(株)東海総合研究所 小林正人,トヨタ生産方式と自動化」:https://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankanri1995/2/1/2_1_173/_pdf/-char/ja
econoshift.com業務改善+ITコンサルティング「自働化とは?分かりやすい説明【トヨタ生産方式】:https://econoshift.com/ja/service/

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事をする中で得た知識や経験を通して、皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります! 大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket