社内で新型コロナウイルスが拡大する前に!各社の対応を参考に決めておくべき・準備すべきこととは?

こんにちは!エクシールの鈴木です。
最近毎日のニュースは日に日に増える新型コロナウイルスの感染情報ばかり・・毎日不安な気持ちで仕事をされている方も多いと思います。

しかし、すでに感染は各地で拡大しており、黙っていても収束してくれる様子ではなさそうです。
個々の体調管理はもちろん大事ですが、個々に任せるだけではいけません。事業を存続するためにも、会社として自社の従業員をウイルスから守っていく対策がかなり重要と言ってもよいでしょう。
今回の記事では、既にコロナ対策に乗り出している企業の例を参考に、地域や会社でコロナウイルスが拡大する前に決めておきたいこと、準備しておきたいことについてまとめてみました。

 

まず企業の方針を決める

ウイルスが日々広まっている今、社員・従業員は感染と収入減少の大きな不安の中で働いています。

自社が感染症に対してどのように考えているのか、感染が疑われる場合どう対処したらよいのかの指針を決め、働く方と共有することから始めましょう。

まずは以下を参考にして、会社としての指針を決めていきます。

①予防措置

例)
営業などの外出時や、出退勤時にマスクを着用する。
接客スタッフもマスクの着用を許可する。
来客に対してマスク着用やアルコール消毒を案内する。
手洗いうがいや咳エチケットなどの周知。
食堂の閉鎖、時間差での利用。
毎日の消毒・換気・働く際の位置関係など。
社員一人一人に気を付けてもらう事や、社員として行ってほしい予防方法などをまとめます。

 

②テレワークや時差出勤

テレワークや在宅勤務、時差出勤が可能かどうか、可能な場合どのように動いていくか検討しましょう。
特にテレワークや在宅勤務については、今はよくても今後の感染の状況によっては外出規制も強くなる可能性もあるため、会社に通勤することが難しくなった場合に関しても対策を決めておくとよいでしょう。

 

③体調不良・発熱時の対応

これもしっかり決めておかないと、体調不良の従業員が無理して出勤して感染が広まってしまうリスクがあります。

毎日の検温を各従業員にお願いして、発熱があるときは会社に来ない、など、発熱や体調不良の際の個々の対応方針を設定しておきましょう。
また、発熱などによって社員が休んだ際の取り扱いについても、社員の不安を取り除くためしっかり決めておかなければなりません。
有給の取得を促進するのか、休業手当を出すのか、その場合何割出すのか、などを決めておきましょう。
それによって社員も安心して休むことが出来ます。
また、新型コロナウイルスは潜伏期間が長いことも特徴なため、発熱後、何日間自宅待機を要請するかも決めておかなければいけません。

 

④感染の可能性がある際の対応の仕方

厚生労働省によると、継続して高熱(37.5℃以上が4日間以上)が続くと感染の可能性が高くなるそうです。
発熱・咳などの類似症状が発生している場合は出勤させずに自宅での療養をすすめ、感染の可能性がある際の対応の仕方も従業員へ通達しておくことで、感染の疑いがある際、落ち着いて対応できるような情報発信をしていきましょう。
37.5℃以上の発熱が4日間以上続く場合で、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合には最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせをし、その後会社に結果を報告するという流れをまとめておきましょう。

 

⑤社内の問い合わせ先と感染が確認された場合の問い合わせ先

新型コロナウイルス関係の社内の問い合わせ先を決めておきます。
一般的には総務や経営層が窓口になると思います。問い合わせ先があることで従業員も安心して働くことが出来るでしょう。
また、仮に社内で感染者が確認されてしまった際には、専門家に営業の継続を含めて問い合わせを行うことになります。
その問い合わせ先もあらかじめ確認しておくとよいでしょう。
県など自治体によっては中小企業のための特別相談窓口が設置されている場合もあります。

 

社員・従業員に周知を行う

企業としての方針が決まったら、社員・従業員の方々に配布や配信を行うなどし、周知させます。
家族を持っている社員さんの場合、そのご家族へも案内をしてみてもよいかもしれませんね。
必要に応じて、マスクや消毒液の確保も行っていきましょう。

 

他社に学ぶ感染対策・対応

従業員を守るため、独自に特別対策を実施している企業も増えてきています。
ここでは食品業界を中心にその一部を紹介していきますので、是非参考にしてみて下さいね。

 

味の素冷凍食品

4月12日まで、本社と品川営業部を対象に原則在宅勤務の対応を行っています。
新人研修は集合スタイルは中止とし、WEBでの研修に変更する予定です。

 

ニチレイ
全社で在宅勤務が可能な場合は、原則行うとしています。
新人研修も、グループ全体の集合研修は行わず、各事業会社で実施形態を判断する予定です。

 

日本水産

新入社員は予定通り受け入れますが、入社式は期限を決めず延期する方針です。
テレワークを可能な限り取り入れていく予定です。

 

マルハニチロ

生産現場や入出金業務など実施が難しい部署を除き、全社的にテレワークを推進してます。
入社式は最大限に配慮し、少人数ごとにするなどして実施する予定。一方、新人研修は延期を決めました。

 

テーブルマーク

不要不急の案件以外は出社せずに原則はテレワークを徹底することにしました。
入社式は感染予防に向けて、あらゆる可能性を検討しており、テレビ会議なども視野に入れているそうです。
通常は、入社後に2週間の研修を実施していますが、今年はそのまま着任する予定です。

その他飲食チェーン店などでは、地域を限定した臨時休業や営業時間の短縮、お客さんへの手洗い、アルコール除菌の徹底などを行っている店舗もあるようです。

 

まとめ

いかがでしたか?
各社例外なく迫られているコロナ対策。従業員の不安を解消するためにも、企業としての不安を減らすためにも、あらかじめ緊急時の対応を定めておくことで、少しでも心に余裕ができると思います。
ちゃんとした正解のない難しい選択かもしれませんが、今のうちにしっかり定めておきたいですね。

The following two tabs change content below.

鈴木ちか

ウレタンの特性を活かし様々な商品を製造・販売している、株式会社エクシールで働いています。最近は食品工場向けの依頼が多く、仕事を通して学んだ製造業のアレコレを記事にしていきたいと思っています。同じ製造業の方が見て何かヒントになるような、そんな記事が描けるよう日々努力していきます!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket