*

フードテックって一体なに??

こんにちは!エクシールの清水です。
最近見ているドラマの中に、ミステリードラマがあるのですが、今までのドラマは何となく結末が予想できたのに、今回はなかなか犯人の予想を絞りきることができなくて、毎回の展開に驚きながら見ています。こんな内容を考えられる脚本家の方たちは本当にすごいなぁと思います…!

 

さて今回の記事では【フードテック】についてご紹介します。現在「業界名+テック」といった動きが広がっています。なかでも本記事では「食」にスポットを当ててみていきたいと思います。早速見ていきましょう!

 

フードテックとは

フードテック(foodtech)とは、フード・食(food)とテクノロジー(technology)を融合した分野です。
食に関わる農業や流通、外食産業など、ほかにも様々な分野でITを導入し、新たな食に関する産業やビジネスを生み出していきます。これは国内外を問わず、多くの企業が取り組んでいます。

 

ではいったい何のためにフードテックが進められているのでしょうか。
大きな理由として「食糧問題の解決」が挙げられます。

 

国内ニュースでも廃棄ロスの話題が上がりますが、日本のような先進国では食料廃棄を出し続ける一方で、飢餓に苦しむ人は世界で8億2100万人(※unicef)にも上ります。

この他にも宗教上の理由や健康志向のために食べ物が制限されてしまう人が増えていたり、そもそも食料の生産人口が不足していたりと、食糧問題は多岐にわたって広がっています。

 

フードテックの領域

フードテックは前項に既述したように、様々な分野・領域で取り組まれています。
それぞれ例を含めて見ていきましょう。

 

生産領域

生産領域は、食料を生産する農業に関わる部分になります。
ロボットやICT(情報通信技術)を活用して、担い手の高齢化による労働力不足を解消したり、安定して高品質な食料を生産したりします。これはスマート農業と呼ばれています。



◆ロボットトラクター

ヤンマー株式会社は、熟練の技を持っていなくても、トラクターに乗車することなく作業をコントロールできるトラクターを提供しています。有人機と合わせて使用すると、2つの作業を1人で行うことができるので、高齢化や農家の減少等の課題解決の可能性を秘めています。

 

流通領域

流通領域は、販売店などへの流通に関わる部分になります。
ICTを活用することで、鮮度を維持したり、非効率な運搬を解消したりしています。



◆UberEats

Uberが提供するデリバリーサービスです。様々な飲食店が登録されていて、注文が入った際に付近の一般の配達員がレストランで注文品をピックアップし、お客様へ届けるという仕組みになっています。

 

中食・外食領域

近年は不景気の影響などから外食の需要が減り、代わりに市販の弁当や総菜を買って家で食べる中食の需要が伸びています。中食・外食領域は、需要が減っている外食産業でいかにコストを削減し、そして中食産業で求められるものに転換していくかが重要です。
ICTやロボットを活用して、注文を受けるところから、決済、注文商品を渡すところまで無人で行う、無人レストランなどがあります。



◆eatsa

アメリカ・サンフランシスコにある無人レストランで、タブレット注文をすると自動で料理が作られて、持ち帰れるかたちで受け取ることができます。(※eatsa

 

次世代食品領域

次世代食品領域は、食品そのものをテクノロジーで変えていく領域です。



◆ビヨンドミート

ビヨンド・ミート社は大豆やエンドウ豆を主原料とし、植物だけを使用した本物のそっくりの肉を提供しています。ヴィーガンやベジタリアンなどに定評があります。見た目が生肉状態での販売もあり、焼くと肉汁のようなものを出しながら褐色へと変わっていきます。

 

健康食品領域

食から健康を維持するための健康食品領域でフードテックが活用されています。



◆ベースパスタ

ベースフード株式会社は厚生労働省が定める栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含むパスタを販売しています。時間が無くて調理も難しい…という人のために、調理が3分でできる商品もあります。

 

調理技術領域

調理領域は、食品の調理に関わる道具についてです。



◆ロボットキッチン

モリーロボット社は、ロボットアーム付きのシステムキッチンによって料理から後片付けまでを行うサービスを考えています。未だ販売には至りませんが、とても画期的なロボットです。



◆Dr.Fry

株式会社エバートロンは揚げる・焼く・蒸すを同時に実現し、従来より揚げ時間・焼き時間を短縮、さらには油ハネが小さくなるので火傷の防止にもつながるフライヤーです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。まだ販売に至っていないものもありますが、聞いたことのある商品やサービスなど、すでに私たちの暮らしでフードテックが当たり前に取り入れられているとわかりますね。人手不足を解消したり、残業が多くて偏った食事をしてしまう人へ調理が簡単で栄養価の高い食事を提供したりと、幅広い食糧問題を解決することにつながりそうです。
「こんなサービスがある」ということを頭に入れておくと、あなたのビジネスにも役立つことがあるかもしれません。

 

 

参考サイト:
Beyond 
Marketing Research Camp
Rekaizen

 

 

The following two tabs change content below.

清水 まり

ウレタンゲルというやわらかな素材を扱った工場向けの商品を製造・開発する、株式会社エクシールに勤めています。海外向けのサイトを担当しており、国内外の製造者の方々へ新商品の紹介やご提案の仕事をしています。工場で働く皆様へ衛生管理の考え方や最新の情報を記事にしていきます!私ごとですが寒い時期の温泉がだいすきです。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • youtube
  • feedly
  • livedoor
  • rss
見えてるだけじゃない!?目に見えないカビも対策しよう|食品工場のカビ対策

こんにちは、鈴木です!先週から晴れ間が少なく洗濯物が乾きにくくて困りま

ほこりを巻き上げない! & 広げない! タイヤ専用粘着マット「リフトマット」で屋内車両の衛生管理が簡単に実現!

こんにちは!エクシールの今井です(^_^) 先日、本屋さんに寄った時

【2019年版】まずはここから始めよう!食品工場のカビ対策まとめ

こんにちは。エクシールの鈴木です! 無性にタピオカが食べたくなって近所

自社工場は大丈夫?殺虫剤や機械油の管理方法を見直し、フードテロを防ごう

こんにちは!エクシールの今井です(^_^) 先週末に実家に帰省して、

フードテックって一体なに??

こんにちは!エクシールの清水です。 最近見ているドラマの中に、ミステリ