パーム油による環境問題!その対策とは?

こんにちは、エクシールの藤吉です。

今回は、パーム油がもたらす環境問題についてお話ししていきたいと思います。

パーム油とは?

パーム油とは、世界で最も多く活用されている、アブラヤシという実をしぼった植物油です。

インドネシアやマレーシアなどの熱帯地域で採取されています。

パーム油が使われているもの

パーム油は、とても使い勝手が良く、液体でも個体でも使える万能な油です。

個体にしてチョコレートやアイスクリーム、マーガリンなどに入れると、なめらかな食感になり、液体にした場合は、ポテトチップス、フライドポテト、インスタント麺の揚げ油としても使用しています。

原材料名に「植物油脂」と記載されているほとんどは、パーム油です。食品だけでなく食器や洗剤、シャンプー、石鹸にも含まれています。

 

RSPO認証マークがついている対象商品の一覧はこちらから🙌🏼

🍦パーム油が使われているもの https://plantation-watch.org/news/1309

 

幅広く使われている使い勝手が良いパーム油ですが、環境問題の要因になっています。

 

パーム油による問題

森林・泥炭火災への影響

パーム油の生産として、森林や泥炭地の火入れは特に深刻です。同時に地球温暖化への影響も与えています。

インドネシアやマレーシアでの森林や泥炭地の火災は、毎年、雨が少ない時期(6月~10月頃)に多発しています。その原因が、この火入れにあります。

水が抜かれた泥炭地は乾燥していて、非常に燃えやすくなっているうえ、雨季が訪れるまで完全に火災を消し止められないので、大量の温室効果ガスが発生してしまいます。

 

熱帯雨林への影響

熱帯雨林が広がっているインドネシアやマレーシアは、パーム油が一番多く生産されています。

パーム油の原料であるアブラヤシを栽培するためには、大規模なアブラヤシ農園が必要です。しかし、アブラヤシ農園を開発するために熱帯林を伐採して、その規模を小さくしているので、地球の炭素の貯蔵庫としての機能や大気の調節機能が損なわれ、温暖化を加速させてしまいます。

 

野生動物への影響

熱帯林への影響だけではなく、生息している野生動物にも影響を与えています。

熱帯雨林にはオラウータンやトラ、ゾウなどの絶滅危惧種に指定される動物が生息していますが、皆伐によって命や住処、食料を奪っています。

森を追われた動物たちが、アブラヤシ農園に踏み入って果実や新芽を食べるようになってしまい、人と遭遇して殺害、捕獲されるようになりました。

こうした結果、野生動物を害獣として扱って殺してしまうような悲しい連鎖も起きています。

 

人への影響

住処を奪われたのは、野生動物だけではなく、古くから森で暮らしてきた先住民も被害を受けています。

森周辺を利用して生きている人々や森の中で暮らす先住民の人々もアブラヤシ農園の開発知らされないまま、森から追い出され、住処を無くすこともあります。

 

私たち(消費者)ができる取り組み

問題視する点はパーム油を“使うこと”ではなく、どのようにパーム油を“生産するのか”という点です。

植物油の中でも、パーム油は生産効率の高い油脂であり、食品から日用品まで使われていますが、パーム油を他の植物油に変えると、生産過程で森林破壊などが起きる可能性があります。

では、私たちにはどのようなことができるのでしょう。

それは、「RSPO認証」を取得しているパーム油を使った製品を店頭で購入することです。

 

RSPO認証マークを選ぶ

RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil:持続可能なパーム油のための円卓会議)は、持続可能なパーム油の生産・製造・流通・消費を目的とした組織を指します。

先ほど紹介したような環境問題の解決をするために、RSPO認証があります。

私たちにできることは、RSPO認証マークを見かけたら購入するということだと思います。

 

RSPO認証マークがついている対象商品の一覧はこちらから

🌴カップ麺 https://goods.jccu.coop/lineup/eco/rspo.html

🌴石けん・洗剤 https://www.gpn.jp/project/palm/products.html など…

 

ここ数年で、日本でも洗剤や石鹸業界をはじめ、食品業界などでもRSPO認証マークがついた商品を販売している店舗が増えているそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パーム油という単語はあまり聞きなれていないためピンとくる方は少ないと思います。

パーム油は、私たちの生活に欠かせないものであり、大きな問題を持っています。森が無くなれば、大きく環境が変わるので動物たちの住処や食料もなくなり、今の私たちの生活を維持することができません。

そうならないために、これから続々と企業がRSPOに向かっていくと思います。私たち消費者も認証されたパーム油を選ぶ意識をしていきましょう。

 

<参考>

パーム油私たちの暮らしと熱帯林の破壊をつなぐもの|WWF JAPAN
https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/2484.html

「パーム油」が問題視されている理由とは?今私たちにできること
https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/lifestyle/a37983382/palm-oil/

 

The following two tabs change content below.

藤吉きらら

ウレタンゲルという柔らかい素材を活かした商品を開発している株式会社エクシールに勤めています。仕事をしていく上で、挨拶・笑顔は大切だと思います。日常生活でこれからも心掛けていきたいです。動物が好きです!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket