景品表示法について

こんにちは、エクシールの鷲見です!

今回は景品表示法についてお話ししたいと思います。

私たち一般消費者は商品を購入する際、価格や品質、原材料等様々な点に着目して判断します。
商品を提供するうえでは、消費者がその商品を魅力だと感じられるようなキャッチコピーや内容の見せ方がポイントになるかと思います。

しかしその表示が実際よりも大げさに表現されてしまうと、景品表示法に触れる可能性があります。

この景品表示法というのはどのような法律なのかを本記事でお話ししていきます。

景品表示法とは

景品表示法(正式名称:不当景品類及び不当表示防止法)とは、消費者の利益を保護するため、商品やサービスについて誤解を与えるような不当表示を規制するという法律です。

商品を良く見せたいがあまり、品質や価格等において実際よりも優良もしくは有利であるように捉えられる表現をすると、消費者は適切に商品を選ぶことが出来なくなります。

このような誤認を防ぐために、景品表示法では根拠のない表示や嘘の表現といった不当表示を禁止しています。

不当表示の禁止

不当表示とされるものとして大きく3つの種類に分けられます。
食品の場合の例を交えながら順にお伝えしていきます。

優良誤認表示

景品表示法5条1号商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

引用:不当景品類及び不当表示防止法 第5条第1項

 

商品やサービスについて根拠のない効果や性能の表示、事実とは異なるのに競争業者よりも著しく優良であると見せかける表示のことを指します。

具体例

・機械打ちして製造していたうどんを「手打ちうどん」と表記して販売した。

・健康食品で「栄養成分が他社の2倍」と表記して販売していたが、実際の健康成分は他社と変わらなかった。

 

 

有利誤認表示

商品又は役務の価格その他の取引条件について、実際のもの又は当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの

引用:不当景品類及び不当表示防止法 第5条第2項

商品やサービスの価格や数量などが他社よりも著しくお得であるかのような表示をすることを指します。

具体例

・お菓子の包装箱が内容量よりも著しく大きかった。

・商品をタイムセールや特売日限定で割引価格で販売しているように宣伝していたが、実際は他の営業日も同価格で販売をしていた。

 

 

その他誤認される恐れのある表示

前二号に掲げるもののほか、商品又は役務の取引に関する事項について一般消費者に誤認されるおそれがある表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認めて内閣総理大臣が指定するもの

引用:不当景品類及び不当表示防止法 第5条第3項

優良誤認表示、有利誤認表示以外にも消費者が誤認する可能性のある場合を指定して禁止をしています。

現在指定されているのは以下の6つです。

1無果汁の清涼飲料水等についての表示

2商品の原産国に関する不当な表示

3消費者信用の融資費用に関する不当な表示

4不動産のおとり広告に関する表示

5おとり広告に関する表示

6有料老人ホームに関する不当な表示

違反した場合

景品表示法に違反した場合どのような罰則があるのでしょうか。

違反行為が認められた場合、まずは事業者に弁明の機会が与えられます。ここで事業者から事情聴取などをおこなったうえで、景品表示法に違反していると改めて判断された場合は「措置命令」が出されます。

措置命令の内容としては、正しい表示への訂正をすることや再発防止の策を講ずることが挙げられます。

また、優良誤認表示、有利誤認表示をした場合は、措置命令に加えて「課徴金の納付命令」が命じられます。課徴金として、過去5年間の利益の3%を支払わなければいけません。

違反しないために注意すること

景品表示法に違反しないためには以下の点に注意して表示をするようにしましょう。

・根拠に基づいて表示をすること

・表示した内容に偽りがないこと

・消費者が正しく判断できるよう具体的な表記をすること

まとめ

お得感が出るようにと軽い気持ちで行き過ぎた表現をしたことにより、会社として信頼を落とす可能性があります。
消費者に安心して商品を手に取ってもらえるために、正しい内容を伝えることを忘れず販促することが大切ですね。

 

〈参考サイト〉
「事例でわかる景品表示法」(消費者庁)
「よくわかる景品表示法と公正競争規約」(消費者庁)

The following two tabs change content below.

鷲見まいか

ポリウレタンを扱った製品の製造・販売を行う株式会社エクシールで働いています。仕事をする中で得た知識や経験を通して、工場で働く皆様に有益な情報をお伝えできるよう努めてまいります!大きなどんぶりサイズの茶わん蒸しを食べることが夢です!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket