マスクの種類と特徴について知ろう!

こんにちは!エクシール清水です。
GW中は家で過ごしていたので、今までやらなかったことをしてみました。ハーバリウムを作ったり、料理をしたり、近所をぐるっと歩いてみたり・・・。自粛生活はかなりストレスが溜まっていましたが、とてもいい気分転換になりました。
今後、国として新しい生活様式が推奨されていきますので、家での過ごし方や会社での働き方についても見直していけるといいなと思います。

 

さて、今回は【マスク】についてです。コロナウイルスが広がり、マスクの需要がとても増えています。今ではマスク不足から手作りマスクも出回るようになりました。このマスク、どのような種類があるか、またそれぞれどんな効果があるのかを改めて見ていきましょう。

 

マスクの効果について

そもそもマスクをつけることはどんなメリットがあるのでしょうか。

マスクをつけることで咳やくしゃみによる菌やウイルスの拡散を減少させる事が出来ます。(※1回の咳で約10万個、1回のくしゃみで約200万個のウイルスを放出)そのため、咳やくしゃみをする人がつけた時、マスクは効果を発揮するといえます。

 

感染予防のためにマスクをつけることは効果があるのかという点については、直接咳やくしゃみの際の唾(しぶき)を浴びるような近距離の状況では効果があるといえますが、ウイルスは放出時にほこりや水分が付着して粒子が大きくなるため、すぐに床へ落下してしまい、空気中を漂い続けることがないことからもウイルスを100%防げるとは言い切れません。

ただし、全く効果がないというわけではないので、顔とマスクの間に隙間ができないように正しくマスクを着用し、予防手段の一つとするのが良いでしょう。

 

マスクの種類(用途別)

大きく分けて用途ごとに3つに分けられます。

① 家庭用マスク

風邪や花粉対策として、また保湿や保温効果が期待できるので防寒などの目的でも使用できる、日常的に使われるマスクです。素材や形状(立体型・平型・プリーツ型など)、また大人用・子供用・女性用などサイズ展開も豊富にあります。

フィルター性能と通気性のバランスがよく、長時間に渡って快適に使用できるのも特徴です。

 

② 医療用マスク

主に医療現場で使用される捕集効率の高いマスクで、外科手術などの際に使われます。

最近よくニュースで聞く「N95マスク」は微生物を含む外気から、マスク着用者を守るために、また「サージカルマスク」はマスク着用者の呼気など、微生物を含む粒子が大気中へ広がるのを防いだり、耐水性のサージカルマスクは血液・体液由来の病原体に医療従事者が感染するリスクを軽減したりする目的があります。

 

③ 産業用マスク

工場などで作業時の防塵対策として使用されるマスクです。

工業用マスクや防塵マスクとも呼ばれ、粉塵の量や性質により形状も複数あります。(例:口や鼻だけを覆うもの・顔面すべてを覆うものなど)

 

マスクの種類(形状別)

先程マスクには様々な形状があると述べましたが、ここでは大きく3つの形状を紹介します。

① 平型マスク

ガーゼ素材のマスクには昔ながらの四角い形状である平型タイプが多くあります。高い保湿性と保温性をもち、飛散防止の目的だけでなく、睡眠時やエアコンの効いたオフィスなどで、乾燥から喉を守ることにも役立ちます。

 

② プリーツ型マスク

前面にプリーツ加工が施されているマスクで、目の下から顎先までフィットします。口や鼻を押さえつけないので圧迫感もありません。マスクをしたまま話をしてもずれにくいのが特徴です。

 

③ 立体型マスク

人の顔の形に合わせて立体的にデザインされているため、隙間なくピッタリとフィットします。マスクと口元の間に空間が確保できるので、息苦しさやしゃべりにくさが大幅に緩和されるとともに、口紅が付くといった女性のトラブルも回避できます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マスクにも用途や形状で様々種類があると分かりました。はじめに予防としてのマスク効果は100%ではないとお伝えしましたが、今回のコロナウイルスで言えば無症状患者もいるとのことなので、自分が罹っているかもしれないという意識をもって、他人へ移さないためにマスクをして外出するのが望ましいといえます。
また、ただマスクを着用するのではなく、正しいつけ方で着用することが重要です。

今一度マスクの着用を見直すとともに、こまめな手洗いも徹底しながら一人一人が感染リスクを減らせるようにしていけるとよいですね。

 

◇こちらの記事も参考にしてみてください。

新型コロナウイルス対策!職場でのマスクの正しい使い方と咳エチケットについて

 

◇参考サイト
自治医科大学付属さいたま医療センター
一般社団法人日本衛生材料工業連合会
タマケアLab.
http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/63.pdf

 

 

The following two tabs change content below.

清水 まり

ウレタンゲルというやわらかな素材を扱った工場向けの商品を製造・開発する、株式会社エクシールに勤めています。海外向けのサイトを担当しており、国内外の製造者の方々へ新商品の紹介やご提案の仕事をしています。工場で働く皆様へ衛生管理の考え方や最新の情報を記事にしていきます!私ごとですが寒い時期の温泉がだいすきです。

最新記事 by 清水 まり (全て見る)

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket